ページの先頭です

住之江区役所における国民健康保険の手続きについて

2020年4月30日

ページ番号:500215

市民の声

 先日、住之江区役所へ国民健康保険の手続きに行きましたが、とても屈辱的な対応を受けました。平成30年の収入で保険料が決まり、2万6千円程の保険料で、私は訪問介護をしていますが、今は仕事も平成30年よりも減っている事、利用者の入院や入所や亡くなられたりで収入が安定しない事、年収ではこの収入でも毎月では数万の波がある事、支払いを済ますと保険料位しか残らない。お給料によっては2万も手元に残らない事。何とか減額できないか?とお願いしましたが、担当の方は出来ませんと即答でした。保険料を払うと生活費がなくなると訴えましたが、他の支払いを何とかしてでも生活費からでも保険料は払って下さいと。今は給料もまだ安定しておらず10から12万円程の事もあり、そこから保険料2万6千円は高すぎて、何度もお願いしましたが、担当の方は、毎月のお給料が減ってるとか、それは使い方次第ですよね。こちらとしては何としてでも払って下さいとしか言えません。どうしても無理なら、生活保護受けたらどうですか。と仰いました。役所の方から、こんな風にさらっと生活保護受けたら?と言われるとは思ってなく、生活保護を受ければ?と勧めるよりも、少しでも保険料の負担を軽減してもらえる様な対応して欲しかったです。以前の収入で保険料が決まるのかもしれませんが、収入には波があります。以前の収入よりも、今現在の毎月の収入が少ないと、この担当の方が仰った様に生活費を使ってでも高額な保険料を払っても、結局、お金が無く病気やケガをしても病院にも行けません。実際、生活費を切り詰める為に夕飯以外食事を摂る事も控えている状態です。この担当の方のいい方だと、飯は食うな!と言われている様な気持ちになりました。私は以前にした病気の後遺症でめまいもあり、仕事を休むと生活に響くので、無理がたたり風邪をこじらせ、風邪をひくとすぐ肺炎になる傾向があります。万が一、大きな病気やケガをしたら?病院代払えないからとあきらめろと言う事ですか?私はできる限り生活保護は受けない様にしたいと思っていますが、この担当の方は生活保護、生活保護と何度も仰り、どうしても払えそうになかったら生活保護の方にも相談しに早めに来て下さいと最後まで言ってました。今まで区役所へ手続きに行き、こんな対応は初めてでした。以前の収入よりも、今現在の収入から保険料を決めるべきだと思います。

市の考え方

 この度、国民健康保険料の減免のご相談の際、職員の対応によりご不快な思いをされたことにつきまして、深くお詫び申しあげます。
 今回、ご指摘いただきました件を踏まえ、担当の職員全員に、来庁者の思いをくんでお話をよく聞き、ご理解を得られるよう丁寧にご説明するよう指導いたしました。
 なお、国民健康保険料の所得割額は、被保険者の税申告に基づく前年中の所得で賦課計算を行うよう法令で定められておりますので、ご理解たまわりますようお願いします。

担当部署(電話番号)

住之江区役所 窓口サービス課(保険管理)
(電話番号:06-6682-9946)

対応の種別

説明

受付日

2020年2月26日

回答日

2020年3月6日

公表日

2020年4月30日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない