ページの先頭です

公用車での喫煙について

2020年7月1日

ページ番号:505977

市民の声

 市長の喫煙について、現在も公用車でタバコを吸っており、喫煙にあたっては、配慮を行っているとのことであるが、その配慮というのはどのようなものか?結果的に、運転手や同乗者に対してパワハラになっているのではないか?
 公用車の窓を少し開けるような配慮をしているとのことであるが、結局タバコを吸っても煙が外に出て、外にいる者が受動喫煙になってしまうのではないか?
 市のリーダーとして改正健康増進法を受けて、タバコをやめる意思があるのか?

市の考え方

 市長は、公用車内であっても限られた空間であることから、同乗者等への配慮が必要であると認識しており、喫煙は最小限に留め、車内の換気に努めているところです。
 引き続き、喫煙マナーを守るなど、望まない受動喫煙を生じさせることのない環境づくりに努めてまいります。

担当部署(電話番号)

政策企画室 秘書部 秘書担当(秘書グループ)
(電話番号:06-6208-7237)

対応の種別

説明

受付日

2020年5月12日

回答日

2020年5月26日

公表日

2020年7月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない