ページの先頭です

就労支援に係る個人情報の流用について

2020年7月31日

ページ番号:509026

市民の声

 現在、生野区役所にて生活、就労支援のお世話になっております。実は、お正月に就労支援の担当の方から、私宛てに年賀状が届きました。支援をして頂くにあたり、住所等の情報は必要であることは理解しているのですが、今回その情報を年賀状に使用するのは、情報収集・利用の目的とは若干異なるのではないかと疑問を抱いた次第です。今回のようなことは個人情報保護法上でも問題ない事なのでしょうか?時候の挨拶とはいえ、支援には関係ないと思われてもおかしくないと思うので、今後は避けて頂いた方がいいのではないかと思います。

市の考え方

 ご利用いただいております就労支援事業(総合就職サポート事業)では、勤務を開始した対象者に電話・面談・手紙等で、悩みの相談や職場適応のためのアドバイス等を行うことによって長期継続就労が可能となるように支援する職場定着支援を行っています。
 今回の年賀状についても、この職場定着支援の一環として実施しており、利用目的の範囲内で活用を行っているものでご指摘の個人情報保護法上問題はないと認識しております。

担当部署(電話番号)

生野区役所 保健福祉課(生活支援)
(電話番号:06-6715-9872)

対応の種別

説明

受付日

2020年1月22日

回答日

2020年2月5日

公表日

2020年7月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページへの別ルート

表示