ページの先頭です

育休中の保育園利用について

2020年7月31日

ページ番号:509037

市民の声

 育休中の保育園利用について疑問を持っています。
 当時は専業主婦だったのですが、末っ子を出産する際、産前産後期間だけでも助けてもらいたいと思い、上の2歳児の子の保育園入所を希望しましたが、預かってもらえませんでした。
 結果、退院直後から上の子たちの世話をしながら新生児の世話をほぼ1人で行い、外出も出来ず、遊びたい盛りの2歳児には我慢ばかりさせました。
 今、その末っ子を小規模保育園で預かってもらって働いているのですが、親が休みの時は家庭保育をしてくださいと言われています。
 それなのに育休中の家庭の子が堂々と通っていることに、違和感を感じています。
 専業主婦は産前産後の大変な時すら助けてもらえないのに、育休中の人は家にいるにもかかわらず生まれた子が1歳になるまで上の子は保育園で十分なケアを受けられるからです。
 正直、私の産後すぐの大変さは何だったのか・・・。
 育休取得で家庭保育可能な方の枠を産前産後利用など短期利用の方に譲ってもらえないのか。
 2か月程の調整なら出来るのではないかと考えます
 育休明けの復帰枠を確保さえしていれば可能ではないですか?
 産前産後利用の方がいるので、家庭保育をお願いしますの一言で解決しません。
 当時の私の様な希望者を救う方法を考えてください。
 決して育休退園をさせたいわけではありません。
 しかし、産前産後利用は育休利用の方より優先すべきだと思います。
 全てとはいかないと思いますが、より多くの苦労している家庭を助けてください。

担当部署(電話番号)

こども青少年局 保育施策部 保育企画課
(電話番号:06-6208-8031)

受付日

2020年3月3日

公表日

2020年7月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない