ページの先頭です

自宅保育協力に伴う保育園料について

2020年7月31日

ページ番号:509039

市民の声

 新型コロナウイルスの影響で、全国の小中高校が休校となりましたが、私がこどもを預ける認定こども園では休園という措置はとらず、育休中の家庭や自宅保育できる家庭に限り、今のところ4月7日まで自宅保育してくださいとの連絡がありました。私は育児休暇中ですので、もちろん4月7日まで自宅保育となるわけですが、その期間の保育園料は満額徴収されるとの連絡がありました。自宅保育し、3月に至っては1日も登園していないにも関わらず満額徴収は納得がいかないし、おかしいと思います。
 大阪市の決定ということですので、もう一度議論の上検討していただきたいです。

市の考え方

 お問い合わせいただいた内容につきまして、新型コロナウイルスに関しては、日々状況が変化しているため、回答が遅くなり申し訳ございません。
 いただきましたお問い合わせ・ご意見につきまして下記ホームページの「質問1」として公表させていただいておりますので、大変申し訳ございませんが回答に替えさせていただきます。
 https://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000499996.html

担当部署(電話番号)

こども青少年局 保育施策部 保育企画課
(電話番号:06-6208-8031)

対応の種別

説明

受付日

2020年3月3日

回答日

2020年6月22日

公表日

2020年7月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない