ページの先頭です

登園できない場合の保育料について

2020年7月31日

ページ番号:509049

市民の声

 新型コロナウイルスの件で保育園より、育休中など家庭での保育が可能な方は登園自粛をお願いしますとのプリントを配布されました。当方、下の子の育休取得中の為、現在は上の子もみられるので3月3日から3月16日まで登園自粛しておりました。
 今週、2週間ぶりに登園するとまた4月6日まで登園自粛のお願いをされました。感染予防の為、家庭で保育するのは構わないのですが、休園ではないので1カ月分保育料を払うことになります。
 0から2歳児は保育無償化対象外なので、毎月高額な保育料を支払っております。他県の自治体のように、登園自粛の場合、返金対応して頂けるよう宜しくお願い申し上げます。

市の考え方

 お問い合わせいただいた内容につきまして、新型コロナウイルスに関しては、日々状況が変化しているため、回答が遅くなり申し訳ございません。
 いただきましたお問い合わせ・ご意見につきまして下記ホームページの「質問1」として公表させていただいておりますので、大変申し訳ございませんが回答に替えさせていただきます。
 https://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000499996.html

担当部署(電話番号)

こども青少年局 保育施策部 保育企画課
(電話番号:06-6208-8031)

対応の種別

説明

受付日

2020年3月19日

回答日

2020年6月22日

公表日

2020年7月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない