ページの先頭です

大阪市国民健康保険の特定健診について

2020年7月31日

ページ番号:509053

市民の声

 大阪市国民健康保険の特定健診のお知らせで届く、年に1回だけの無料診断が3月31日までとなっていて、新型コロナウイルス感染症期間中で、病院で受診しにくいと電話で相談したのですが、やはり延長措置は無く3月末までに受診されないと使用できません、との事で納得がいきません。
 また5月に無料診断の用紙を、お届けになるので、との事ですが、これって2020年度分ですよね。
 2019年度分の期限延長相談の回答にはならないと思うのです。
 高い保険料を納めているにもかかわらずこのような事態の時に対応できずマニュアル通り、コロナ終息してないのに月末までに受診をっていうところが大阪市民として不安になりました。

市の考え方

 このたびは、新型コロナウイルス感染症が流行する中、特定健診受診券に関するお問い合わせに際し、不安なお気持ちにさせてしまいましたことをお詫び申しあげます。
 大阪市国民健康保険特定健診は、40歳以上の本市国民健康保険にご加入の方を対象として、1年度に1回の受診をご案内しております。
 お尋ねの医療機関における特定健診は、大阪市が府内の特定健診取扱医療機関に委託して実施しており、2019年度(令和元年度)は2020年(令和2年)3月末まで実施することとしております。誠に申し訳ございませんが、取扱医療機関との調整の関係もあり、2019年度分の期間延長は難しいと考えております。
 ご希望に沿うことができず、大変申し訳ないのですが、ご理解賜りますようお願いいたします。
 なお、2020年度の受診券については、4月下旬に発送予定です。

担当部署(電話番号)

福祉局 生活福祉部 保険年金課(保健事業グループ)
(電話番号:06-6208-9876 ファックス番号:06-6202-4156)

対応の種別

説明

受付日

2020年3月24日

回答日

2020年4月7日

公表日

2020年7月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない