ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症の影響下での職員の行動について

2020年7月31日

ページ番号:509062

市民の声

 コロナウイルスの影響で外出、花見宴会等の自粛要請がなされているなか、4月4日(土曜日)に近所の公園で、お花見バーベキューをされているグループがありました。
 その中に、子どもを通わせている公立保育所の職員の姿がありました。
 自粛要請があるにも関わらず、20人程度で集まりバーベキューをしていることも驚きましたが、保育所の職員が参加しているなんて非常識としか言いようがありません。
 子どもたちが通う施設に従事している者として、意識の低い行動と言わざるを得ません。
 自粛しながらも感染してしまうのは仕方ないとしても、こんなことをしていて感染でもしたら、あまりにも責任感がないのでは。
 私自身、多くの人を受け入れる施設に従事しておりますが、感染を防ぐため行動自粛を徹底するよう言われています。当たり前です。
 公立保育所の職員ということは、大阪市職員にあたると思うのですが、きちんと指導出来ているのでしょうか?

担当部署(電話番号)

こども青少年局 保育施策部 保育所運営課
(電話番号:06-6208-8121)

受付日

2020年4月6日

公表日

2020年7月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない