ページの先頭です

水道料金の基本料金の免除について

2020年7月31日

ページ番号:509096

市民の声

 先日の報道で大阪市の水道代の基本料金が3か月間ゼロになると知りました。
 私は大阪市に住んでいますが、賃貸マンションのため大家が一括で水道管理しています。支払いは毎月定額料金です。そのため、基本料金が免除されても、大家の懐だけが温まり、入居者には反映されないものと思われます。
 私のような末端にまで、基本料金の免除が反映されるように動いていただけませんか?
 よろしくお願いいたします。

市の考え方

 本市では、すでにご案内のとおり、4月28日に新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、本市と給水契約があるお客さまを対象に令和2年7月検針分から9月検針分までの水道料金の基本料金及び下水道使用料の基本額について、それぞれ全額を減免することとしております。
 入居者の方々が水道料金等を管理会社等へお支払いいただいている共同住宅につきましては、水道局が共同住宅全体のご使用水量から水道料金等を計算し、共同住宅の管理会社等へ請求しております。
 賃貸マンションの場合については、ご入居にあたって、賃貸借契約を締結されており、水道料金の支払いについては、当該契約の中に含まれており、また、分譲マンションについては、管理規約等で定められていると認識しております。
 しかしながら、今回の水道料金等の減免の趣旨は、新型コロナウイルス感染症が各ご家庭に経済的な影響をもたらしている状況を踏まえ、市民の生活や経済活動を少しでも支援するために実施するものです。
 したがいまして、水道局と直接給水契約がない共同住宅に入居されている方についても、この支援がお届けできるように、建物の所有者や管理会社等に対して、水道料金等の減免措置の趣旨、具体的な内容の案内及び入居の方への水道料金等の減免の実施への協力について、水道局から積極的に周知及び案内を行ってまいります。

担当部署(電話番号)

水道局 総務部 お客さまサービス課
(電話番号:06-6616-5473)

対応の種別

説明

受付日

2020年4月28日

回答日

2020年5月13日

公表日

2020年7月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない