ページの先頭です

放課後等デイサービス従事者に対しての支援制度について

2020年8月1日

ページ番号:509201

市民の声

 放課後等デイサービスの事業所ですが、3月から休校で朝から夜まで発達障がい児を預かり、手洗い、検温、消毒に始まりトイレ介助、昼食の手配に食事介助あげくの果て、各学校から丸投げされた宿題を教えてクタクタです。新型コロナウイルス感染の危険度も高く医療従事者、葬儀所の次に家族に不安を与えています。
 この社会情勢下で、様々な救済措置が検討されていますが、我々のような職種を対象にした支援制度等は無いのでしょうか?

市の考え方

 放課後等デイサービスにつきましては、特別支援学校等に在籍する障がいのある児童が通所されており、当該児童には、特別支援学校等の臨時休業期間中、保護者が仕事を休めない場合に、自宅等で1人で過ごすことができないことも考えられることから、感染の予防に留意した上で、原則として開所していただき、開所時間については可能な限り長時間としていただくなどの対応をお願いしてきたところです。また、緊急事態宣言後は、利用者に対して可能な範囲で通所を控えていただくようお願いしておりましたが、それでも通所が必要な児童に対しては受け入れを継続していただいていたところです。
 事業所の従事者の皆さまにおかれましては、学校等の臨時休業開始当初より、マスクや消毒液等の衛生管理物資が極めて入手困難な中、手洗いや換気、代替物資を活用するなどあらゆる手段で感染防止対策を図り、支援を継続していただいていることに深く感謝申し上げる次第です。
 また、令和2年5月21日に、国において大阪府の緊急事態措置の指定が解除されたことを受け、府下の特別支援学校等は、令和2年6月1日から教育活動が再開されておりますが、引き続き、放課後等デイサービス事業所における児童の受け入れにあたりましては、感染防止対策の徹底が不可欠です。
 従前より、本市では、各事業所の感染防止対策の支援として、マスクや消毒液等の衛生管理用品を確保し、各事業所に配付させていただいておりますが、引き続き、各事業所の事業継続支援に取り組んでまいります。
 なお、事業所の従事者への支援といたしまして、先般成立した国の補正予算において、障がい福祉サービス事業所等に勤務し利用者と接する職員に対し慰労金(5万円)を支給することも示されているところです。
 引き続き、新型コロナウイルス感染症の予防及び感染拡大防止のため、国等の関係機関からの情報にも注視しながら、必要に応じた対応を行ってまいります。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

福祉局 障がい者施策部 障がい支援課
(電話番号:06-6208-7986 ファックス番号:06-6202-6962)

対応の種別

説明

受付日

2020年6月3日

回答日

2020年6月17日

公表日

2020年8月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない