ページの先頭です

御堂筋のイチョウ並木の管理について

2020年8月1日

ページ番号:509208

市民の声

 銀杏は大阪のシンボルですよね?
 その、大阪のシンボルである大阪の銀杏を、何故あんなに切ってしまうのですか?
 御堂筋の銀杏並木もたいがい酷いですが、なにわ筋の銀杏並木がどうなっているかご存じですか?
 酷いものになると、主幹から切られています。
 枝ではありません、主幹から切ってあるのです。
 場所は、なにわ筋西道頓堀橋北、難波神社御旅所がある交差点の辺りです。
 手入れをするにしても、あんな主幹から切るのが普通の事なのでしょうか?
 先ほども言いましたが、御堂筋もたいがい酷いのですが、なにわ筋のような惨状になる前にと思い、意見を送る事にしました。
 他都市の並木道、知っていますよね?
 どこもかしも立派な木々、枝ぶりも本当に見事です。
 銀杏の実が臭いとか落ち葉がうざったいとか、色々な意見があるとは思いますが、他でもない銀杏です。銀杏なんです。
 大阪のシンボル、御堂筋は『大銀杏並木』と言うのですよね?
 もう既に『中銀杏』になりつつありますが、どうか『小銀杏』にはしないで下さい。
 木は一度切ってしまうと成長に時間が掛かるんです。
 御堂筋にもまだ立派な古木が残っています。
 あれは大阪の発展を見守り、大阪と一緒に大きくなった、私たち大阪人にとっての財産でもあるのです。
 見事な並木道には、それだけの価値があるのです。
 臭いとかうざったいという意見だけに屈しないで!
 美しい大阪の銀杏並木を維持してください。
 大阪市にはその責任があります。大阪市としての責任を全うしてください。

市の考え方

 本市の街路樹におきましては、2018(平成30)年9月4日の台風21号によって、大阪市内全域において倒木や幹折れ、枝折れ等の被害を受けました。被害樹木については、樹木の状態を確認し、伐採及び整枝等の判断を行っております。
 お申出場所における、幹折れの被害を受けた樹木につきましては、可能な限り既存の樹木を残しております。そのため、樹形が整うまでは、お申し出のように、主幹から切られているように見えますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
 また、ご指摘いただきました御堂筋は、大阪を代表する幹線道路であり、イチョウ並木は「近代大阪を象徴する歴史的景観」として平成12年度大阪市指定文化財に登録されております。そのため、維持管理につきましては、自然樹形を維持できるように管理を行っております。
 今後とも、市民の皆様が安心して通行できるよう、また、景観や環境の保全にも配慮し、適切な街路樹の維持管理に努めてまいります。

担当部署(電話番号)

【街路樹の維持管理に関すること】
 建設局 西部方面管理事務所 大阪城公園事務所
 (電話番号:06-6941-1144)
【御堂筋のイチョウのあり方に関すること】
 建設局 公園緑化部 緑化課
 (電話番号:06-6469-3857)

対応の種別

説明

受付日

2020年6月5日

回答日

2020年6月29日

公表日

2020年8月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない