ページの先頭です

野良猫への餌やりについて

2020年8月1日

ページ番号:509233

市民の声

 野良猫への餌やりで困っています。テレビで報道された女性と男性のコンビ、特に女性です。餌をやるので猫が集まり、ベランダに猫が入ってきて、糞尿をします。今朝も糞をされてました。餌をやる女性に先日、「やめてほしい。」と言いましたが、無視して他の場所に置いてある置き餌のところへ行ってしまいました。
 隣がガレージなのですが、そこで毎朝餌をやってます。条例が出来ているはずですが、どこへ被害を届ければいいですか?ガレージは彼女たちの土地ではないため、不法侵入でもあると思うのですが。

市の考え方

 お申出にある給餌者2名については、他の方からも多数、同様のご意見をいただいており、動物への餌やり後に清掃を行わないことなどによって生活環境が著しく広範囲に阻害され、多くの住民の方の迷惑となっている状況を放置することはできないことから、令和元年12月に「大阪市廃棄物の減量推進及び適正処理並びに生活環境の清潔保持に関する条例」の改正を行いました。
 ただし、条例は餌やり行為そのものを禁止したものではなく、餌やり後の清掃を義務付ける内容となっております。
 関係局・区による深夜・早朝からの巡回パトロールや、条例違反している給餌者への指導や文書勧告により、餌やり行為が行われなくなった箇所もありますが、お申出にあるように未だ各所において餌やり行為が行われていることも事実として把握しております。
 今後とも関係局・区が連携した巡回パトロールを実施するとともに、条例に基づく行政処分を含め厳正に対処してまいります。
 また、不法侵入については警察の管轄になりますので、住吉警察署(06-6675-1234)にご相談をお願いします。

担当部署(電話番号)

住吉区役所 保健福祉センター 保健福祉課(健康推進・健康相談)
(電話番号:06-6694-9973)

対応の種別

説明

受付日

2020年6月12日

回答日

2020年6月26日

公表日

2020年8月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない