ページの先頭です

中央区内ののぼりについて

2020年8月1日

ページ番号:509235

市民の声

 日々の業務お疲れ様です。
 さて、中央区で取り組まれている「みんなで苦境を乗り越える“のぼり“を掲出しています」について意見があります。
 趣旨については良いことだと思いますが、のぼりを掲出することは、まちの美観を損ねるので、やめていただきたいと思います。
 また、自動車から歩道を通行する自転車や歩行者が視認しにくくなって、衝突事故を誘発する恐れがあるなど、交通安全上の問題もあります。中央区役所前のように、連続してのぼりを設置すると、見えない壁から突然自転車が現れるような感じになってしまいます。
 大阪府でも、以前から「元気であいさつ」というのぼりを掲出する取り組みをされていますが、行政が安易にのぼりを使ったPRに頼る傾向があるように思います。
 行政とは別に、店舗などもよくのぼりを掲出していますので、街中のぼりだらけです。
 大阪市では屋外広告物の規制をされている一方で、のぼりについては景観や交通安全に対する影響が大きいわりに野放しになっていると思います。
 今一度、PRの手段と効果(プラスとマイナス両方の効果)について精査していただきたいと思います。

担当部署(電話番号)

中央区役所 総務課
(電話番号:06-6267-9989)

受付日

2020年6月14日

公表日

2020年8月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない