ページの先頭です

東淀川区内の学校の周りで喫煙することについて

2020年8月1日

ページ番号:509242

市民の声

 東淀川区内の駅近くの学校の周りで、毎朝多くの人が喫煙している。
 駅で吸えるところがなくなってから更にその数が増えており、毎朝煙と臭いに悩まされている。
 学校の周りということで子どもにも(もちろん大人にも)有害であるし、そんなところで平気でたばこを吸うこと、そしてそのままポイ捨てをしていくマナーの悪さにも腹が立つ。
 貼り紙などでは全く効果がない状況になっているので、何か対策を考えてほしい。4月に受動喫煙防止条例関係で施設での禁煙が厳しくなっているが、その分屋外での喫煙がひどくならないようにするべきではないのか。
 どうかこの状況を現地確認してほしい(毎朝8時半頃でも多くの喫煙者がいる)。しばらくたってもこの状況が改善しないようであれば、また意見する。

市の考え方

 大阪市では、市民の皆様の安心、安全及び快適な生活環境を確保することを目的として、平成19年4月に「大阪市路上喫煙の防止に関する条例」(以下、「条例」という。)を施行しています。この条例では、道路、広場、公園その他の公共の場所で、自ら路上喫煙をしないように努め、互いに協力して路上喫煙防止のための活動に積極的に取り組むとともに、本市が実施する施策に協力するよう努めなければならないと定めています。
 さらに、有識者・各種団体等の代表者で構成された「大阪市路上喫煙対策委員会」の答申を踏まえ、現在、市内5地区を「路上喫煙禁止地区」(以下、「禁止地区」という。)に指定し、違反者に対し罰則(過料1,000円)を適用しております。
 また、禁止地区以外の取組として、全国に先駆けて「たばこ市民マナー向上エリア制度」を設け、本市との協働のもと、地域住民の方々や事業者の団体が主体となって市民のマナー意識を高め、安心、安全で快適なまちづくりを進める観点から、路上喫煙防止に向けた普及啓発活動に取り組んでいただいております。
 本市としましては、本市条例の主旨・目的を踏まえまして、喫煙モラルの向上・マナー定着に向けた取組や啓発を、積極的に推進してまいります。
 また、学校周辺などの公共の場において他人に迷惑や被害を与えるおそれのある喫煙について、関係機関と連携・協議を行いながら、有効な対策の検討を進めてまいります。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

環境局 事業部 事業管理課(事業管理)
(電話番号:06-6630-3228) 

対応の種別

説明

受付日

2020年6月16日

回答日

2020年6月23日

公表日

2020年8月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない