ページの先頭です

元大阪市長を関西電力株式会社の社外取締役へ推薦することについて

2020年8月31日

ページ番号:511577

市民の声

 他県に住む者ですが、関西電力株式会社の社外取締役に市長が、元大阪市長を、推薦されたのに関西電力取締役会が拒否するという非常識な態度に出たことに対して憤慨するものです。私は、次のような点より、是非元大阪市長の社外取締役実現を成し遂げて頂きますようお願い致します。
 (1)ジャーナリストが、産経新聞への毎月初めの投稿「美しきツヨキ国へ」で、(数ヶ月前)日本原子力委員会が、電力会社に対して、当初の規約にない項目を後になって次次に追加するため、追加工事が発生して予定外の工事費用がかさみ、電力供給の予定が遅れるために、火力発電の燃料費がかかるなど、予定外の膨大な予算がかかり、結局は消費者にしわ寄せが来ることになっていると書かれています。
 そして、委員会の、世界に例のない横暴さに対抗するために、委員会を法的に訴えることを提案されています(上記の投稿を読み直して下さい)。それを、弁護士である元大阪市長に実現して頂きたい。これは大仕事だと思います。
 (2)原子力発電には、ご承知のように、現在実働している核分裂によるエネルギーを利用するものと、核融合エネルギーを利用するものがあります。後者は有害物質を発生しないクリーンなものです。その開発に関西電力株式会社も貢献して頂きたい。

 以上の実現に尽力して頂きたく、元大阪市長のファンとして社外取締役就任を渇望致します。

担当部署(電話番号)

財政局 財務部 財源課(財源調整グループ)
(電話番号:06-6208-7738)

受付日

2020年4月29日

公表日

2020年8月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない