ページの先頭です

東成区役所介護保険担当職員の対応について

2020年8月31日

ページ番号:511593

市民の声

 令和元年の11月頃に母親の介護保険負担限度額認定のことで東成区の担当窓口へ相談。
 父親の所得が高額な為、負担限度額が高くなっている。父親と母親が世帯分離すれば、負担額が現在の半分ほどになると説明された。
 後日、母親が他都市へ住所異動。他都市の介護保険担当の窓口で手続きをおこなったところ、夫婦の場合、世帯分離しても世帯は一つとみなすため負担額は減らないと説明された。
 東成区へ電話をかけ、説明と違うがどういうことか!と問い合わせたところ、担当職員が今後の対応については、後日改めて電話すると言ったので待っていたが、未だに連絡がない。どうなっているのか!
 制度として適用されないのは仕方がないが、その後の対応が悪すぎる。
 そもそもこの話が区長まで届いているのか!それと、担当職員からの直接の説明ときちんとした謝罪を求める。

市の考え方

 令和元年度、「介護保険負担限度額認定」について不十分な説明を行ったことや今後の改善策に関して、担当課長代理が確認等を行い、12月中を目途に申出人様に対してご説明すると申し上げていたにもかかわらず、年内には連絡できず、深くお詫び申し上げます。何度か電話をさせていただいたものの、結果として年明け以降、担当課長代理から十分な説明ができず、ご迷惑をおかけすることとなってしまったことについて重く受け止め、介護保険を担当する職員への指導を徹底し、組織内で共有し、窓口対応の向上に努めてまいります。
 介護保険担当における再発防止の対応に関しては、窓口において「介護保険負担限度額認定」に関するご相談があった場合は、まず、対象要件を記載した文書をご提示し、窓口で一緒に確認をさせていただくことにより、ご相談者、対応職員の双方が同時に正しい要件確認を行えるよう、窓口での文書配置や文書提示による説明を行うように、課内に周知・徹底を図りました。また、人事異動により新たに担当となる者もいることから、今後も係会議など様々な機会を活用し、適切な説明や対応を行うよう、周知徹底に努めてまいります。

担当部署(電話番号)

東成区役所 保健福祉課
(電話番号:06-6977-9113)

対応の種別

説明

受付日

2020年5月25日

回答日

2020年6月8日

公表日

2020年8月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない