ページの先頭です

水道料金及び下水道使用料の減免措置について

2020年11月30日

ページ番号:518547

市民の声

 先日、友人から水道代が安かった事を聞き、初めて知りましたが、コロナ関係で水道代がかなり免除された事に対し、私は賃貸で毎月オーナーに2000円固定で支払っている身としては、正直全く何の効果もなく、在宅勤務で引きこもり生活をしていて一番の負担は電気代でした。
 生活環境は個人差があるので、文句も言えませんが、あまり窓を開けて生活が出来ない為、エアコンと換気扇、空気清浄機で換気し、加湿器や除湿機を季節毎に使い分けて部屋の温度を調節して一人暮らししており、今年の猛暑も罪悪感を感じながら冷房をつけて仕事をしていた為、電気代が2倍ほどかかりました。
 水道代が安くなった事でオーナーさんは収入が増えて喜んでいる事と思いますが、市は、なんて不平等な対策をしたのかと心底思います。
 電気代込みより、水道代込みの賃貸は多いと思います。もう少し全市民に配慮した対応をしていただきたかったです。残念です。

市の考え方

 新型コロナウイルス感染症が各ご家庭に経済的な影響をもたらしている状況を踏まえ、市民の生活や経済活動を支援するため、本市と直接給水契約があるお客さまを対象に令和2年7月検針分から9月検針分までの各月におけます水道料金の基本料金及び下水道使用料の基本額を減免しております。
 民間共同住宅に入居されておられる方々が水道料金等を管理会社等へお支払いいただいている場合につきましては、建物全体の水量から水道料金等を計算して管理会社等へ請求しており、今回の減免措置にあたりまして、共同住宅における入居戸数分の上下水道の基本料金額を差し引いた金額を管理会社等へ請求しております。
 申出人様がお住まいになられているマンションにつきましては、ご入居の際に賃貸契約を締結されており、水道料金等のお支払いは当該契約の中に含まれていると認識しております。
 しかしながら、共同住宅にお住まいで水道局と直接給水契約がない入居世帯につきましても、今回の7月検針分から9月検針分まで水道料金等の減免措置がお届けできるよう、水道料金等の減免措置の趣旨、具体的な内容の案内及び入居の方への水道料金等の減免実施への協力について、5月下旬から水道局ホームページ等で建物の所有者や管理会社等に対して周知等を図るとともに、6月には全管理会社に入居世帯の減免にかかるお願い文書を郵送するなどしてご理解をいただくよう、取り組んできているところです。
 何とぞ、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

水道局 総務部 お客さまサービス課
(電話番号:06-6616-5473)

対応の種別

説明

受付日

2020年9月27日

回答日

2020年10月8日

公表日

2020年11月30日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない