ページの先頭です

港区役所保健福祉課の職員の名前の明示について

2020年11月30日

ページ番号:518559

市民の声

 福祉項目2019年10月11日受付の「港区役所生活保護担当課における職員の言動について」の回答に「今回の事案を受け、当該職員には個別に接遇について厳しく指導しました。」とあった。
 これにつき、指導した職員の名前を明らかにしてください、と情報提供を申し入れた。その際、こういう場合の常套句である「他の資料と突き合わせることにより相談者を特定する可能性がある」という理由付けを避けるため他の資料は持ってないという意味合いで匿名とした。
 ところがやはりその理由付けで、指導した職員の名前は非開示であった。
 そこでお伺いしたいのだが、この指導を受けた職員は係長職である。
 いうまでもなく職制上係長を厳しく指導できるのは、課長か課長代理のどちらかであり、その名前を明示することがどのような機序でもって相談者の特定に至ることができるのであろうか。
 荒唐無稽な話と思うが、大変興味深いのでその一端なりともヒントをご教示願いたい。

市の考え方

 実施機関は、公開請求があった時は、非公開情報が記録されている場合は除き、公開請求者に対して、当該公文書を公開しなければならないとされており、過去にご請求の公開請求書に対して、情報提供として、「港区役所の事務分担」をお渡しし、担当係長を指導できる職員として生活支援担当課長の氏名・業務内容についてもお示ししておりますので、ご理解いただいたものと考えておりましたが、こちらの理解に齟齬があり申し訳ありません。
 「個別に厳しく指導したとされる上席」については、生活支援担当課長です。

担当部署(電話番号)

港区役所 保健福祉センター 保健福祉課
(電話番号:06-6576-9879)

対応の種別

説明

受付日

2020年9月29日

回答日

2020年10月9日

公表日

2020年11月30日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない