ページの先頭です

情報開示請求にかかる遅延事務について

2020年12月31日

ページ番号:521305

市民の声

 当方は、生活福祉部自立支援課(生活困窮者支援グループ)に対して情報開示を行い開示決定を受けました。当初より公文書のコピーは郵送を希望しており、自立支援課の指示どおり公文書公開等諸費用を令和2年10月1日(木曜日)に納付し、その公文書コピーは10月19日(月曜日)に郵送されてきました。あまりにも日数を要しているため、自立支援課係長に確認したところ、会計システムには10月6日(火曜日)に反映され、自立支援課の職員のところにその書面が10月13日(火曜日)に届いたためその日の内に処理し郵便物を投函したとのことです。行政課の話によると、一般的には局(部室)ごとにまとめ夕刻までに文書交換所に持ち込み、庁内で集計し郵便局に手渡すとのことです。
 貴市は大所帯のため会計システムに記録されるのに約1週間要することは認識しています。大阪市内から当方の住む堺市までは郵便だと翌日につきます。
 行政課(情報公開グループ)に問います。上記の流れからして、これが貴課のいう「すみやかな」事務対応ですか。

市の考え方

 情報公開制度及び個人情報保護制度を所管する総務局行政部行政課情報公開グループが作成しております「公文書公開請求及び保有個人情報開示等請求対応マニュアル」では、「8 決定通知書の送付」において、「対象文書の郵送希望がある場合には、次の点にご留意ください。入金が確認でき次第、請求者に対象文書を送付してください。一般的に入金の確認には入金後数日を要します。速やかに対象文書を送付できるよう、日々の確認をお願いします。」としており、今回の申出人様の請求につきましても、納入通知書の送付後、日々、財務会計システムを確認したうえで、入金を確認次第、速やかに対象文書を送付すべきであったものと考えております。

担当部署(電話番号)

総務局 行政部 行政課(情報公開グループ)
(電話番号:06-6208-9826)

対応の種別

説明

受付日

2020年10月22日

回答日

2020年11月5日

公表日

2020年12月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない