ページの先頭です

大阪市廃止、特別区設置に関する件

2020年12月31日

ページ番号:521324

市民の声

 此花区に在住しています。先日、市主催で開催された大阪市廃止、特別区設置に関する住民説明会の動画が告示後に削除されているという新聞記事を目にしました。
 理由が「政治的中立を保つため」との事の様ですが、大阪市主催の説明会で特定の政治団体の意見を前面に押し出す事は問題ではないのですか?
 大阪府知事が説明会参加者の求めに応じて、依頼者の親族にあてて「賛成票」を投じる様に呼び掛けている場面の動画がインターネットに流れているのを目にした事もあります。
 大阪市として、上記内容をどの様に捉えておられますか?

市の考え方

 大阪市では、「政治的中立性を確保するための組織的活動の制限に関する条例」を定め、その目的は「政治的行為であると疑われるおそれのある行為を市長その他の職員が職務として行うことを制限することにより、公務の政治的中立性を確保し、もって市民から信頼される市政を実現する」ことにあります。
 このたび、市長は10月10日(土曜日)まで、大阪市主催の住民説明会に出席していましたが、10月12日(月曜日)の告示日以降は、政務活動も行うこととなるため、市民から見て、市が公開している動画と市長が行う政治活動とが混同されないように配慮する必要があると考えています。
 同条例の活動の制限は、市長選挙を対象としており、今回の事案が該当するものではありませんが、市民の関心が高く、複数のメディアが取り上げている内容であることや、当該条例の趣旨を踏まえ、自粛することとしたものです。
 なお、市主催の説明会は、特別区設置協定書の内容について説明を行っているもので、特定の政治団体の意見を説明しているものではありません。
 また、政務活動等の動画については市として関知するところではありません。

担当部署(電話番号)

副首都推進局 広報・調整担当
(電話番号:06-6208-9503)

対応の種別

説明

受付日

2020年10月26日

回答日

2020年10月30日

公表日

2020年12月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない