ページの先頭です

コロナ関係情報のホームページ掲載基準について

2021年1月31日

ページ番号:524456

市民の声

 大阪市のWebサイト内に「新型コロナウイルス感染症による学校休業について」(ページ番号:509375)というページがありますが、こういう情報が更新された際にはトップページのコロナ関連のお知らせのところに記載すべきではないでしょうか。
 このように情報が散逸していると市民に正確な情報が伝わらないと思いますし、断片的な情報を与えられては、こちらも対策を取りようがありません。加えて「都合の悪い情報は市民に提供したくないのか?」と深読みしてしまいますし、不親切だと思います。「新型コロナウイルス感染症による学校休業について」という情報以外にもコロナ関連の情報はあるのにどうしてそれらもトップページのコロナ関連のお知らせに掲載しないのでしょうか。
 一体どのような基準でトップページに載せる、載せないを判断しているのでしょうか。検討と回答をお願いします。

市の考え方

 大阪市ホームページトップページの「新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ」については、新型コロナウイルス感染症に関する情報のうち「市民生活に大きな影響がある情報」、「市民の方・事業者の方の支援につながる情報」、「その他広く周知を必要とする情報」を目安に掲載しています。
 新型コロナウイルス感染症に関する情報については、多岐に渡るため、見やすさやわかりやすさの観点から情報を整理し、「新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ」と「新型コロナウイルス感染症関連情報・大阪市トピックス」に分けて情報をお届けしています。
 今回、ご意見をいただいた「新型コロナウイルス感染症による学校休業について」については、「新型コロナウイルス感染症関連情報・大阪市トピックス」の「生活関連情報(感染拡大防止に向けた取組み等)」に掲載し情報提供をしているところですが、ご意見を踏まえ、学校休業をはじめ様々な情報をより見やすくわかりやすくなるよう検討してまいります。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

政策企画室 市民情報部 広報担当
(電話番号:06-6208-7251)

対応の種別

説明

受付日

2020年11月6日

回答日

2020年11月18日

公表日

2021年1月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない