ページの先頭です

大阪市長による公用車内の喫煙について

2021年2月1日

ページ番号:524555

市民の声

 2020年11月30日公表された回答を読ませて頂き、改めて確認したい事があります。
【市政側回答の一部】
 『市長は公用車内で喫煙する際、換気に配慮するとともに同乗者の同意を得たうえでマナーを守った喫煙となるように努めているところです』
【今回の私の質問】
(1)要するに、市長はヘビースモーカーで、ただの一日も喫煙を我慢出来ないと言う事ですか?
(2)失礼を承知でお聞きしますが・・・普通なら我慢出来ると思いますが、非喫煙者に同意を求めてまで喫煙されると言う事は、我慢できない程の「病気」ですか?
【総括】
 これは法律上問題ない・・・とかのレベルでは無いと思います。私はお酒は大好きですが、普通に我慢出来ます。これが我慢出来ないなら、アルコール中毒です。病気です。私は病気ではないので、誰かに同意を求めてまで、お酒を飲もうとは致しません。タバコ喫煙も同様です。ただの一日すら我慢出来ないなら「病気」だと思います。
 更に言わせて頂くと、もし喫煙の同意を求められれば、市長のお願いと言う事で「嫌々でも了承せざるを得ない」状況があるかもしれません。もし私なら「嫌だが、仕方なく了承してしまう」になると思います。そんな気を使わせてまで「タバコ」って喫煙しなければならない物なのでしょうか?先ずは何より先に「受動喫煙」に対し、気を使わなければならないのではないですか?なにか、根本的な話しの様に感じます。そう言う事を深く考えもせず「同意を得た上で」等と、迷惑な喫煙を正当化するのは如何なものかと思います。
 またこう言う状況こそが、今の大阪市の酷い迷惑路上喫煙に反映してるのでは・・・と感じずにはおれません。

市の考え方

 ご質問の(1)及び(2)につきましては、市長個人に関する内容であり、本市行政に関するお問い合わせではないことからお答えいたしかねますことをご理解願います。
 なお、現時点において公用車内での喫煙自体は法令等で禁止されているわけではありませんが、ご指摘のとおり公用車内での喫煙が、非喫煙者の方にとって、望まない受動喫煙につながり得る行為となることから、市長も同乗者の意向に配慮することが重要と認識しております。
 そのため、繰り返しとなりますが、市長は公用車内で喫煙する際、換気に配慮するとともに同乗者の同意を得たうえでマナーを守った喫煙となるように努めているところですので、ご理解いただけますようお願いいたします。

担当部署(電話番号)

政策企画室 秘書部 秘書担当(秘書グループ)
(電話番号:06-6208-7237)

対応の種別

説明

受付日

2020年12月1日

回答日

2020年12月10日

公表日

2021年2月1日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない