ページの先頭です

HTML版「大阪市民のみなさんへ」令和3年4月号

2021年3月1日

ページ番号:531142

1面2面

大阪市民のみなさんへ

重大な児童虐待ゼロへ

編集/大阪市政策企画室 (電話)06-6208-7251 (ファックス)06-6227-9090

〒530-8201 大阪市北区中之島1-3-20

面積…225.32平方キロメートル 人口…2,753,448人 世帯数…1,463,653世帯 令和3年2月1日現在(推計)

※(電話)(ファックス)特に記載のないものは市外局番「06」です。

令和3年度予算で取り組む主な事業と施策

市民の安全・安心を守り、より豊かで住みやすい都市をめざし、「ウィズコロナにおける対策と大阪の再生」と「ポストコロナに向けた府市一体による大阪の成長」を柱に、さまざまな施策に取り組みます。また、政策立案や事業実施にあたっては、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みを進めていきます。

※この記事は、3月11日現在(市会審議中)のもので、事業等の内容を変更する場合があります。

ウィズコロナにおける対策と大阪の再生

新型コロナウイルス感染拡大防止対策の充実

医療・検査体制の確保

新型コロナウイルスワクチン接種事業→167億3,000万円

  • (拡充)接種を希望する市民に対し、本市が設置する会場および医療機関で予防接種を実施

PCR検査体制の充実→96億4,300万円

  • (拡充)必要な検査需要に対応するため、市内設置検査場、診療・検査医療機関等のPCR検査体制を充実

 

社会福祉施設等に対する取り組み

事業継続のための支援等→12億8,500万円

  • 各施設の事業やサービス提供の継続に必要なマスクや消毒液等の物品確保などに対する支援等を実施
市民サービスの充実
子育て・教育環境

コロナ禍における子どもたちの学びの保障、成長を育む取り組み

学校給食費の無償化→60億500万円

  • (拡充)全児童生徒(市立小・中学校)の学校給食費の無償化を継続するとともに、給食費を1食あたり20円増額することで献立の多様性や質の維持向上を図る

家庭でのオンライン学習環境の整備→5億2,700万円

  • 学級休業などにおける学びの保障としてオンライン学習等を実施し、インターネット環境のない家庭についてはモバイルルータを貸与

 

児童虐待防止対策の充実

SNSを活用した児童虐待防止相談事業→1,800万円

  • (拡充)子育てに悩みのある親、子ども本人等がSNSで相談できる窓口を通年で開設

産後ケア事業→1億4,400万円

  • (拡充)産後のメンタルヘルス不調による不安を解消するため、ショートステイおよびデイケアの対象期間の拡充やアウトリーチの支援を実施

南部こども相談センター(平野区喜連西)の再整備→1,900万円

  • (新規)一時保護所移転建て替えに向けた基本計画を策定など

 

きめ細やかな質の高い学校教育の推進

「新・大阪市総合教育センター(仮称)」の設置→3,500万円

  • (新規)総合的なシンクタンク機能を強化した産官学連携による「新・大阪市総合教育センター(仮称)」設置のための設計

学校教育ICT活用事業→53億2,800万円

  • (拡充)1人1台端末を効果的に活用した個別最適な学びの推進や、ICT教育アシスタントの増員など

スマートスクール次世代学校支援事業→8億1,100万円

  • (拡充)児童生徒の学習面や生活面等の情報を集約・一元化し、いじめアンケート等を家庭からでも入力できるシステムの運用

 

こどもの貧困に対する取り組み

こども支援ネットワーク事業→1,600万円

  • (拡充)こどもの居場所の安心・安全な運営のための保険補償内容の拡充など

 

安心してこどもを生み、育てられるよう支援する仕組みの充実

不育症治療支援事業→1,000万円

  • (新規)不育症検査に要する費用の一部を助成

不妊専門相談センター事業→600万円

  • (拡充)不妊・不育に悩むかたの専門相談や支援を充実

 

待機児童を含む利用保留児童の解消に向けた取り組み

民間保育所等整備事業→51億4,900万円

  • 都心部における保育所等への賃借料の補助や、物件所有者と保育事業者とのマッチングなど

保育人材の確保対策事業→38億2,000万円

  • 保育所等への就職を促進するとともに離職防止を図るため、保育士の働きかた改革を推進するための事業などを実施

医療的ケア児対応看護師体制強化事業→6,000万円

  • (新規)医療的ケアを必要とする児童の受け入れにかかる看護師の雇入費を補助
福祉等の向上

真に支援を必要とする人々のための施策

生活困窮者自立支援事業→7億8,300万円

  • 各区役所に設置している相談窓口において、地域の関係機関と連携しながら、相談者の状況に応じた包括的・継続的な支援を実施

住居確保給付金支給事業→4億5,100万円

  • 離職・廃業またはやむを得ない休業等により経済的に困窮している市民に対し、住居および就労機会の確保に向けた支援を実施

重度障がい者就業支援事業→2億200万円

  • (拡充)重度障がい者の就労機会の拡大を図るため、通勤や職場等における支援を実施

 

すこやかに暮らすための施策

前立腺がん検診→2,100万円

  • (新規)増加する前立腺がんの早期発見・早期治療のため、7月よりがん検診を実施

骨髄等提供者(ドナー)に対する助成→300万円

  • (新規)ドナーの休業による経済的負担を軽減するための助成を実施
区施策の展開

区の特性や地域の実情に即した施策の展開→274億2,200万円

  • 区長の権限と責任による区の特性や地域の実情に即した総合的な施策を引き続き展開
大阪経済の再生

事業継続や新たな事業環境への適応

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける飲食店等への上下水道料金の特例減免→71億2,400万円

  • (新規)2021年1月から3月検針分までの上下水道料金を、売上額の減収率に応じて減免

中小企業DX加速化支援事業→4,400万円

  • (新規)市内中小企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化を支援するための専門家による相談窓口の設置など

新しい生活様式に対応した住宅の整備促進→5,800万円

  • (拡充)民間賃貸住宅等においてテレワークスペースを設置する場合に改修費を補助

 

消費や需要の喚起

おおさか観光消費喚起事業→5億5,000万円

  • (新規)旅行者に対して大阪独自のクーポンを配布し、府内の観光消費を促進

大阪文化芸術創出事業→1億5,000万円

  • (新規)大阪の文化芸術団体等への支援および文化芸術活動の公演機会の創出

ポストコロナに向けた府市一体による大阪の成長

経済成長に向けた戦略の実行
  • 2025年日本国際博覧会の推進

国際博覧会推進事業→42億4,500万円

  • (拡充)2025年日本国際博覧会協会が行う会場建設にかかる建設費の負担、夢洲地区の埋立工事、地下鉄の輸送力増強にかかる整備費の負担、大阪パビリオン出展に向けた準備、開催に向けた機運醸成や海外プロモーションを実施

 

夢洲におけるインフラ整備

夢洲地区の土地造成・基盤整備事業→176億5,500万円
(令和2年度3月補正予算の繰越分9億4,000万円を含む)

  • (拡充)国際博覧会開催、国際観光拠点形成、国際物流拠点の機能強化に向けた夢洲地区の土地造成、基盤整備のための設計・工事

夢洲物流車両の交通円滑化に向けた対策→4億3,100万円

  • (新規)夢洲物流車両の円滑な交通を確保するための対策を実施

 

IRを含む国際観光拠点の形成

IRを含む国際観光拠点の形成に向けた立地推進事業→6,600万円

  • IRの事業化に向けた取り組みや、IR誘致に向けた理解促進など

依存症対策支援事業→1,000万円

  • アルコール・薬物・ギャンブル等の3依存症者に対する相談支援など

 

スマートシティ戦略の推進

スマートシティ戦略推進事業→2億2,000万円

  • (拡充)スーパーシティ基本構想の策定や行政手続きのオンライン化の推進、地域交通のありかたの検討(スマートモビリティ)

 

国際金融都市の実現に向けた挑戦

国際金融都市推進事業→2,500万円

  • (新規)官民一体となって、ビジネス面・生活面での環境整備に向けた調査検討や、金融関連事業者など市場に参加するプレーヤーの誘致等の取り組みを実施

 

都市魅力の向上

大阪中之島美術館の開館→95億4,500万円

  • 2022年早春の開館に向けた建設工事

御堂筋の道路空間再編→6億5,900万円

  • (拡充)千日前通~道頓堀川区間における側道歩行者空間化の整備、道頓堀川~長堀通区間における側道歩行者空間化に向けた実施設計・整備

新今宮駅北側のにぎわい創出に向けた回遊性向上事業→900万円

  • (新規)なんばエリアと天王寺・阿倍野エリアとの交流軸における安全で快適な歩行者空間の整備に向けた設計など

 

新大学設置による「知の拠点」の形成

新大学キャンパス整備事業→13億3,700万円

  • 2022年度に開学予定の「大阪公立大学(仮称)」のキャンパスとして、2025年度の開設をめざす森之宮キャンパスを整備するための実施設計など

 

循環共生型社会の形成

古紙等のコミュニティ回収活動推進によるコミュニティビジネスの振興→1億3,000万円

  • (拡充)地域コミュニティが主体となり古紙・衣類の収集を行うコミュニティ回収や資源集団回収の取り組みを支援するため、コミュニティ回収等を実施する団体やコミュニティ回収の収集を担う事業者に対して奨励金を支出

 

都市インフラの充実

関西経済をけん引するまちづくり

新しいまちづくりのグランドデザイン検討調査→200万円

  • (新規)大阪府・堺市と連携して、新たな大阪のまちづくりの姿を検討

 

高速道路ネットワークの充実

淀川左岸線(2期)事業→239億2,500万円

(令和2年度3月補正予算の繰越分60億3,000万円を含む)

  • 2026年度末の完成をめざして、阪神高速神戸線~新御堂筋区間におけるトンネル本体工事を推進
防災力の強化

防災体制の更なる充実・震災対策の推進

災害時避難所の非常用電源の確保→2,500万円

  • (拡充)災害時の避難所運営、情報収集・伝達に活用するスマートフォン等の充電を目的とした非常用発電機の設置

密集住宅市街地整備の推進→20億1,500万円

  • (拡充)老朽住宅の除却・建て替え等への支援および都市計画道路の整備

問い合わせ 大阪市総合コールセンター (電話)4301-7285 (ファックス)6373-3302

※各事業内容の担当部署へおつなぎさせていただくか、おつなぎできない場合は、連絡先をご案内します。なお、担当部署へおつなぎできるのは、各担当部署の開庁時間中となります。

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

※この記事は3月11日現在のもので、変更となる場合があります。

ワクチン接種のスケジュールなどを公開しています

65歳以上の高齢者のかた(昭和32年4月1日以前に生まれたかた)から順次、接種券や予診票などをお送りする準備を進めています。接種については、ワクチンの供給量を踏まえ、まず高齢者施設の入所者から優先して行う予定です。今後のスケジュールや予約開始時期など詳しくは大阪市ホームページをご覧ください。

お送りするもの

  • 接種券
  • 予診票(2回分)
  • 新型コロナワクチン接種のお知らせ

※ワクチン接種を受けるには接種券が必要です。大切に保管してください。

問い合わせ 大阪市新型コロナワクチンコールセンター
(電話)0570-065670 (ファックス)0570-056769

【申請必要】営業時間短縮要請にご協力いただいた事業者へ協力金を支給します

3月1日~21日までのご協力分については上乗せ支給します。申請要件や支給額など詳しくは大阪市ホームページをご覧ください。

問い合わせ 営業時間短縮協力金コールセンター
(電話)6654-3553 または6655-0820 または6655-0711

【申請必要】酒類を提供する飲食店等への上下水道料金の特例減免の受け付けを4月20日から開始します

感染症の影響を受け、経営状況が厳しくなっている酒類を提供する飲食店等に対し、安心して事業活動が行えるよう支援するため、1月から3月検針分までの水道料金および下水道使用料の特例減免を実施します。申請方法など詳しくはホームページをご覧ください。

令和元年と令和2年の売上額を比較し、減収率に応じて減免
(1)売上額の減収率50%以上→全額免除
(2)売上額の減収率30%以上50%未満→半額減免

問い合わせ 水道局お客さまサービス課
(電話)6616-5467 (ファックス)6616-5479

3面

大阪市民のみなさんへ

重大な児童虐待ゼロへ

編集/大阪市政策企画室 (電話)06-6208-7251 (ファックス)06-6227-9090

(電話)(ファックス)特に記載のないものは市外局番「06」です。

講座・イベントなどで特に記載のないものは、「無料、申し込み多数の場合は抽選、締め切りは当日必着」です。抽選の結果は当選者のみ通知します。
往復ハガキで申し込む際は、返信用宛先の住所・氏名をお忘れなく。
費用について、複数区分ある場合は、「〇〇円ほか」としています。

くらし

肺炎球菌ワクチンの接種費用が助成されます

対象のかたは来年3月31日までに接種すると、自己負担は4,300円です(生活保護受給者および市民税非課税世帯のかたは、接種時に介護保険料決定通知書(保険料段階が1~4段階に限る)などの書類を持参で無料)。対象は4月1日~来年3月31日に(1)65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となるかた(2)60歳以上65歳未満のかたで、身体障がい者手帳1級相当(心臓・じん臓・呼吸器の機能やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障がいに限る)のかた((1)(2)ともに過去に接種を受けたかたは除く)。

[会場]委託医療機関

[問い合わせ]大阪市保健所感染症対策課
(電話)6647-0656 (ファックス)6647-1029

大阪市立小・中学校の就学援助

経済的な理由でお子さんを小・中学校に通わせることが難しい保護者に学校教材費などを援助します。対象は市民税非課税世帯、児童扶養手当を受給している世帯など。詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。

[申し込み]学校で配布する申請書に証明書類を添えて、通学している学校へ。

[問い合わせ]学校運営支援センター
(電話)6115-7653 (ファックス)6115-8170

大阪シティバスのダイヤがかわります

詳しくはホームページをご覧ください。

[日時・期間]ダイヤ改正日:4月1日

[問い合わせ]Osaka Metro・シティバス案内コール
(電話)6582-1400 (ファックス)6585-6466

大阪市くらしの便利帳の広告を募集します

生活ガイドブック「くらしの便利帳」は、民間事業者との協働により市税を投入することなく発行しています。10月末の発行に向け、大阪市発行の身分証を持った株式会社サイネックスの担当者が広告募集を行います。

[問い合わせ]政策企画室広報担当
(電話)6208-7251 (ファックス)6227-9090

区役所業務の格付けを実施しました

区民サービスの一層の充実に向けて、令和2年度の各区の窓口サービスの格付けを行いました。詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。

[問い合わせ]市民局区行政制度担当
(電話)6208-7324 (ファックス)6202-7073

申請書等への認印の押印が不要になります

市民の皆さんの負担軽減や行政オンライン化の推進のため、押印見直し対象手続き約3,600件のうち、実印の押印が必要な一部を除き、多くの手続きにかかる申請書等への認印の押印が不要になります。詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。

4月1日時点で認印の押印が不要な申請書等

  • 住民異動届
  • 国民健康保険関係届
  • 児童手当・特例給付認定請求書 など

今後認印の押印が不要になる予定の申請書等

  • 出生届
  • 婚姻届 など

[問い合わせ]市政改革室マネジメント改革担当
 (電話)6208-9757 (ファックス)6205-2660

募集

第21回大阪市障がい者スポーツ大会の出場者

10月に開催される「第21回全国障害者スポーツ大会」の大阪市代表選手の選考会を兼ねたスポーツ大会への出場者。対象は市内在住の満12歳以上(ただし、全国大会の参加資格は満13歳以上)で、障がい者手帳等の交付を受けているかた。競技種目、申込方法など、詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。

[日時・期間]5月8日(土曜日)・9日(日曜日)・16日(日曜日)・22日(土曜日)・23日(日曜日)・29日(土曜日)・30日(日曜日)
[会場]長居障がい者スポーツセンターほか

[問い合わせ]大阪市障がい者スポーツ大会事務局
(電話)6606-1631 (ファックス)6606-1638

市営住宅の入居者(11回以上落選されたかた向け)

対象は定期募集および親子近居住宅募集(平成28年以降実施分)の落選回数が11回以上のかた(公営住宅・改良住宅のものに限る)。申し込みには収入などの条件があります。

[申し込み]4月19日(月曜日)・21日(水曜日)~23日(金曜日)・26日(月曜日)の10時~15時(12時~13時を除く)に市営住宅募集センターで受け付け。4月19日~26日に住情報プラザ、大阪市サービスカウンター(梅田・難波・天王寺)などで配布する申込みのしおりをご覧ください。

[問い合わせ]市営住宅募集センター募集担当
(電話)6882-7024 (ファックス)6882-7051

中学校夜間学級の生徒

市立中学校(天満・天王寺・文の里・東生野)に夜間学級を設置しています。入学に関することや学習内容など、詳しくはお問い合わせください。

[問い合わせ]教育委員会中学校教育担当
(電話)6208-9176 (ファックス)6202-7055

令和4年4月1日採用予定 市職員

日本国籍を有しないかたも受験できます。受験資格など詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。

[日時・期間]第1次試験日:6月20日(日曜日)
[申し込み]4月7日 9時~4月28日 12時に原則(大阪市ホームページ)で。

  • 試験区分 事務行政(22~25歳)[大学卒程度] 採用予定者数 245名程度
  • 試験区分 大学卒程度 技術(22~29歳) 都市建設[主に土木] 採用予定者数 55名程度
  • 試験区分 大学卒程度 技術(22~29歳) 建築 採用予定者数 30名程度
  • 試験区分 大学卒程度 技術(22~29歳) 機械 採用予定者数 5名程度
  • 試験区分 大学卒程度 技術(22~29歳) 電気 採用予定者数 10名程度
  • 試験区分 大学卒程度 技術(22~29歳) 化学 採用予定者数 5名程度
  • 試験区分 大学卒程度 技術(22~29歳) 造園 採用予定者数 数名程度
  • 試験区分 大学卒程度 社会福祉(22~40歳) 採用予定者数 105名程度
  • 試験区分 短大・高専卒程度 技術(20~21歳) 都市建設[主に土木] 採用予定者数 5名程度
  • 試験区分 短大・高専卒程度 技術(20~21歳) 建築 採用予定者数 数名程度

[問い合わせ]大阪市人事委員会
(電話)6208-8545 (ファックス)6231-4622

令和4年4月1日採用予定 市立学校・幼稚園教員

市立学校(小学校・中学校)・幼稚園の教諭、養護教諭、栄養教諭。受験説明会の有無など、詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。

[日時・期間]第1次試験日:6月26日(土曜日)
[申し込み]4月1日~5月6日に願書受け付け。(大阪市ホームページ)または、区役所、大阪市サービスカウンター(梅田・難波・天王寺)などで配布する受験案内をご覧ください。

[問い合わせ]教育委員会教職員人事担当
(電話)6208-9123 (ファックス)6202-7053

2025年大阪・関西万博に向け「万博の桜」への寄附をお願いします

府内の公園や道路・学校などに2,025本の桜を植樹するための寄附金(1口1万円)を受け付けています。申込方法など詳しくはホームページをご覧ください。

[日時・期間]募集期間:4月1日~来年3月31日

[問い合わせ]万博の桜2025実行委員会
(電話)4400-8739 (ファックス)6915-4524

公園活用プレーヤー

アウトドアやダンスの体験・映画上映イベントなど、自由な発想で新たな公園活用のアイディアを企画・運営する市民・事業者のかた。応募方法など詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。

[締め切り]5月6日

[問い合わせ]建設局調整課
(電話)6469-3816 (ファックス)6469-3895

イベント

サトウ食品日本グランプリシリーズ大阪大会 第8回木南道孝記念陸上競技大会

大会観戦

国内トップ選手が日本グランプリシリーズチャンピオンを争う陸上の全国大会。観戦方法など詳しくは(大阪市ホームページ)をご覧ください。

[日時・期間]5月5日(水曜日・祝日)
[会場]ヤンマースタジアム長居

キッズデカスロンチャレンジ

小学生を対象とした多種目の基本運動(走・跳・投)にチャレンジする陸上プログラムを開催。定員100人。

[日時・期間]5月5日(水曜日・祝日)9時~10時
[会場]ヤンマーフィールド長居
[締め切り]4月18日
[申し込み](大阪市ホームページ)で。

[問い合わせ]経済戦略局スポーツ課
(電話)6469-3866 (ファックス)6469-3898

こどもカーニバル2021

子どもたちの演奏や体験コーナー・模擬店など、家族や友だちと楽しく遊べるイベント。

[日時・期間]4月25日(日曜日)10時~15時 ※雨天中止(小雨決行)
[会場]大阪城公園太陽の広場、野球場

[問い合わせ]大阪市総合コールセンター
(電話)4301-7285 (ファックス)6373-3302

児童虐待ホットライン

児童虐待の通告・相談は、24時間365日対応の「児童虐待ホットライン」

[フリーダイヤル]0120-01-7285(まずは一報 なにわっ子)にお電話ください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 政策企画室市民情報部広報担当

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-7251

ファックス:06-6227-9090

メール送信フォーム