ページの先頭です

緊急事態宣言解除に関する提案

2021年5月31日

ページ番号:535404

市民の声

 コロナ禍での対応策提言
 1.大阪市民の7割は、まじめにコロナ対応に協力している。
 2.一人で夕食を食べに飲食店に入ると 客の1から2割のごくわずかな4名前後の、25から35歳前後のグループ(学生ではなく肉体労働者)がアルコールを飲み大声で騒いでおり、他の客は迷惑に思っている。
 3.店はそのような迷惑なものに注意をしない。
 そこで緊急事態宣言解除にあたり、以下の提言をします。
 1.解除をしても大声で話す、騒いでいる客がいるにも関わらず店側が注意をしない店、注意しても聞かない者を外に出さない店は共犯者として、一般客の投稿により店への援助金支給はもちろん営業停止させる処置をとるように強い方針を取れば、騒ぐものが少なくなり感染者は減ると思います。
 2.一部の心無い者のために多くの店や、従業員の雇用が阻害されていることをもっと重視すべきである。
 3.単純に若者と老人、飲食店とその他の店など単純な区分けで規制するのではなく、迷惑基準で迷惑な者は行動が規制される、迷惑な店は営業が規制されることを時間をかけても地道に対応すべきと思います。
 以上、一市民として、医療者に感謝しつつ、行政にはもう一段頑張っていただきたいと思います。皆様のご活躍に感謝。

市の考え方

 令和3年3月1日以降、大阪府は緊急事態宣言対象区域から除外されましたが、引き続き新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取組みが必要です。
 本市としましては、新型インフルエンザ等対策特別措置法第22条に基づき、新型コロナウイルスについて、総合的な対策を推進することを目的として設置された、大阪府新型コロナウイルス対策本部での決定事項を踏まえ、引き続き、市民の皆様への不要不急の外出・移動の自粛や、4人以下でのマスク会食の徹底等をお願いするとともに、事業者に対しては、業種や施設の種別ごとに作成されたガイドラインの遵守の徹底など、様々な機会を通じて、新型コロナウイルスのまん延防止への協力をお願いしてまいります。
 今後も、市民の皆様から様々なご意見をいただきながら、大阪府や医療機関等の関係機関と連携を図り感染拡大防止に向けて取り組んでまいります。 

担当部署(電話番号)

健康局 保健所 感染症対策課
(電話番号:06ー6647ー0739)

対応の種別

説明

受付日

2021年3月2日

回答日

2021年3月18日

公表日

2021年5月31日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない