ページの先頭です

送付文書の点字対応及び福祉局の点字に対する理解について

2021年9月30日

ページ番号:544390

市民の声

【令和3年7月13日受付内容】
 福祉局生活福祉部保険年金課給付グループからジェネリックに関するハガキが届いたようであるが、このハガキには点字化はもちろん点字シールの貼付すら無い状態であった。
 令和3年5月31日付けの市民の声に対する福祉局からの回答には、局長名で「障害者差別法を理解し・・・、今後点字化を図り・・・、他部局にも働きかける・・・」としているにも関わらず、回答から2か月も経っていない状況でのこのような対応は市民をおちょくっていると思われても仕方が無いと考える。
 点字化をやりたくなければそう言って欲しい。嘘をつかないで欲しい。
 福祉局が一番点字化を理解すべき部局であるにも関わらずのことである。淀川区役所の福祉担当など他の部局は一生懸命やってくれている。
【令和3年7月14日受付内容】
 今後、福祉局として点字化されていない文書は送付しないと約束してほしい。管理職に対して、障がい者への対応方法の研修を行うべきである。福祉局として点字のない文書を二度と送付しないということを課長会議で共有してほしい。

市の考え方

 お申出人様からは、この間再三にわたり保険年金課からの送付文書等の点字化に対するご意見、ご要望をいただいていたにもかかわりませず、今回「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」を、点字表記せずに送付してしまったことは、障がいのある方への合理的配慮に対する職員の意識が低かったと言わざるを得ないと考えております。誠に申し訳ございませんでした。
 福祉局としましては、今般の事案を非常に重く受け止めており、局内の課長会議を開催し事案を共有するとともに、福祉局職員に対しあらためて障がいのある方への合理的配慮の徹底について指示いたしました。
 現在、福祉局では、市民の方へ発送する文書等について、障がいのある方からお申出のあった合理的配慮がなされているか、保険年金課が所管する発送文書(約140種類)を含め、局内全部署において再点検を行っているところであり、今後、福祉局から発送する文書等については、その方の状況に応じた配慮を行うよう努めてまいります。
 また、福祉局職員を対象に、あらためて障がいのある方への理解や合理的配慮の取組を進めるための研修を開催する予定としており、障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向け、取組を進めてまいります。

担当部署(電話番号)

【ジェネリック医薬品に関するお知らせに関すること】
福祉局 生活福祉部 保険年金課(給付グループ)
(電話番号:06-6208-7968 ファックス番号:06-6202-4156)
【職員研修に関すること】
福祉局 総務部 総務課(人事・勤務条件グループ)
(電話番号:06-6208-9926 ファックス番号:06-6202-6961)
【広聴等に関すること】
福祉局 総務部 総務課(総務グループ)
(電話番号:06-6208-7911 ファックス番号:06-6202-6961)

対応の種別

説明

受付日

2021年7月13日

回答日

2021年7月27日

公表日

2021年9月30日

ご注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない