ページの先頭です

「水道事業をなぜ、外資系企業に売り飛ばすのか」という意見について

2021年11月30日

ページ番号:548629

市民の声

 水道は他国の国際金融資本にすでに売ってしまったと聞いています。
 これから水道料金は今の5倍になると聞きました。
 命の源である水をなぜ、銀行やガン保険のように外資系企業に売り飛ばすのですか?

市の考え方

 本市水道事業を外資系企業に売り渡したという事実はございません。また、今後、外資系企業に売り渡すという計画もございません。
 なお、大阪市水道局では、業務の効率化やお客さまサービス向上の観点から、検針・計量審査及び料金徴収等業務につきまして、市内全域をヴェオリア・ジェネッツ株式会社に委託しておりますが、当該委託事業者の選定に関しましては、総合評価方式一般競争入札により、選定しております。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

【管路更新業務について】
水道局 総務部 経営改革課
(電話番号:06-6616-5412)
【メーター検針の外注に関して】
水道局 総務部 お客さまサービス課
(電話番号:06-6616-5473)

対応の種別

説明

受付日

2021年9月19日

回答日

2021年9月30日

公表日

2021年11月30日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない