ページの先頭です

「管路更新業務を外資系に委託するのはやめてほしい」という意見について

2021年12月1日

ページ番号:548696

市民の声

 水道事業運営全般を民間に委ねるという趣旨でのいわゆる「民営化」をする予定はないということで、ひとまず安心はしておりますが、管路更新業務について、外資系企業に委託するのだけはやめていただきたい。
 現在も、世界中で悪名高い企業に一部業務委託(水道検針業務)していること自体、恥であり、遺憾であります。

市の考え方

 現在、大阪市では、水道事業の運営全般を民間に委ねるという趣旨での、いわゆる「民営化」の検討を行う予定はございません。
 一方、本市では、南海トラフ巨大地震等への備えとして、老朽化した管路の耐震化をこれまで以上に促進し、水道事業の安心・安全を強化していくことが重要な課題であります。
 このため、これまで請負工事として、個別に発注している配水管の取替え工事について、官民連携手法を活用することで、事業量の大幅な引き上げと、工事コストを抑えることをめざし、「PFI管路更新事業」として、その実施に向け、事業者の公募手続きを進めてまいりました。
 今回の公募手続きは、全ての応募者が辞退したことにより、終了することとなりましたが、本市では、水道事業の課題解消を図るため、まずはこれまで通り配水管の取替え工事を適切に実施する実績や能力を有する民間事業者を選定し、現行体制で管路の耐震化を着実に進めつつ、その促進につながる有効な事業手法について、引き続き、検討を進めることといたします。
 なお、水道メータの検針業務につきまして、業務の効率化やお客さまサービス向上を目的に、市内を4つのエリアに分割して業務委託しており、現在は4エリアともヴェオリア・ジェネッツ株式会社へ委託しております。
 委託するにあたりましては、公平性・透明性・競争性を確保する観点から総合評価一般競争入札を採用し、業者選定しております。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

【管路更新業務について】
水道局 総務部 経営改革課
(電話番号:06-6616-5412)
【メーター検針の外注に関して】
水道局 総務部 お客さまサービス課
(電話番号:06-6616-5473)

対応の種別

説明

受付日

2021年10月2日

回答日

2021年10月13日

公表日

2021年12月1日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない