ページの先頭です

使いきれないスプレー缶・カセットボンベの処理について

2021年12月1日

ページ番号:548725

市民の声

 スプレー缶・カセットボンベは使い切ってから資源ごみに出すようになっていますが、使い切ることが出来ないのでたくさん残っています。
 そのような家庭は結構多いのではないかと思います。
 費用を払ってもいいので使い残しのあるまま回収してもらえないでしょうか?
 1本につき「粗大ごみ券200円」くらいなら出せます。
 大阪市の財源にもなるかと思いますので宜しくご検討ください。

市の考え方

 スプレー缶やカセットボンベ類について、本市では、収集車や処理施設での火災等の事故を防止するため、必ず中身を使いきって、穴をあけずに中身の見える透明または半透明の袋に入れて、空き缶、空きびん、ペットボトル、金属製の生活用品とは別の袋に入れて、資源ごみの収集日にお出しいただくようお願いしています。
 本市では中身の残ったスプレー缶やカセットボンベ等の処理はできませんので、ガスが残っている場合の処理や残ったガスの抜き方については、販売店等又は下記の連絡先までお問い合わせいただきますようお願いします。

〇スプレー缶の処分について
一般社団法人日本エアゾール協会 
電話番号:03-5207-9850
〇カセットボンベの処分について
一般社団法人日本ガス石油機器工業会[カセットボンベお客様センター]
電話番号:0120-14-9996

 また、ご提案の使い切れないスプレー缶・カセットボンベの有料引き取りにつきましては、安全かつ効率的な収集作業を実施する観点から、現在のところ実施は難しいと考えておりますが、お寄せいただきましたご意見につきましては、今後の施策検討にあたっての参考とさせていただきます。

担当部署(電話番号)

環境局 事業部 家庭ごみ減量課
(電話番号:06-6630-3259)

対応の種別

説明

受付日

2021年10月14日

回答日

2021年10月21日

公表日

2021年12月1日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない