ページの先頭です

水道管の老朽化率の公表、更新計画の進捗状況について

2021年12月31日

ページ番号:551045

市民の声

 大阪市の水道管の老朽化が深刻だとニュースで知りました。
 大阪市といっても、広いですし、各区によって変わりませんか?
 区ごとの老朽化率を公表して、きちんとそれぞれの地域の住民にも理解してもらう必要あると思います。実際私はニュースで見るまで知りませんでした。
 災害時に水がすぐに出ないと困ります。老朽化が深刻であれば、水道管の交換を待たずに、水の備蓄など地域ごとに住民が取り組むこともできると思います。
 もっと大阪市の水道管の老朽化が深刻なことも発信していくべきだと考えます。
 また、今以上にきちんと老朽化対策(古くて地震に弱い水道管の交換)を行なっていく必要があると思います。すでに計画を立ててやっていると思いますが、いまの計画は順調に進んでいるのでしょうか?
 関東の地震や和歌山の断水を教訓にしっかりと対策に取り組んでほしいです。
 生活に必需品の命の水を守ってほしいです。

市の考え方

 ご指摘の水道管の「老朽化率」については、法定耐用年数である40年を経過した管路延長に対する全管路延長の割合である「法定耐用年数超過管路率」が老朽化を示す指標として一般的に用いられており、本市の令和2年度末時点で約51パーセントとなっております。(下記の水道局ホームページをご参照ください。)
 水道管の法定耐用年数の40年につきましては、地方公営企業法で定める水道管の固定資産の減価償却にかかる年数であり、水道管自体の寿命を定めたものではなく、また、法定耐用年数を経過している水道管種のうち約7割を占めている「ダクタイル鋳鉄管」は、水道局による調査・分析の結果から、埋設されている土壌によって、概ね65年から100年の使用が可能であることを確認しております。
 こうしたことから、40年を経過後すぐに水道管が壊れる、また漏水するといったものではありません。
 区ごとの老朽化率を公表すべきとのご指摘につきましては、水道水は水源となる淀川から取水し、取水場から浄水場、浄水場から配水場、配水場から市内各エリアに送られたのちに、各ご家庭に対して給水しております。このように、ひとつの行政区には当該区に給水している管路以外に、別の行政区に給水するための管路も含まれており、また上記のとおり法定耐用年数である40年は水道管自体の寿命とも異なることから、行政区別の老朽化率をもって一概に評価できるものではなく、公表は行っておりませんので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 
 また、水の備蓄に関しましては、災害時の断水の可能性に備えて、水道局では、皆さまのご家庭・事業所において1人1日3リットル、最低3日分で9リットル以上の飲料水の備蓄をお願いしております。
 次に、水道管の老朽化対策の計画とその実施状況についてのご指摘につきましては、布設年次が古い水道管については漏水及び地震発生による被害リスクが高まる傾向にあることから、順次管路更新を進めていく必要があると考えており、水道局としては、水道管の整備計画である「管路耐震化促進・緊急10ヵ年計画(平成30年度から令和9年度)」を策定し、まずは布設年次が最も古く、地震時の被害率が高い管種である「鋳鉄管」の更新を優先的に進めております。
 本計画の前期(平成30年度から令和4年度)では年間あたりの管路更新ペース60キロメートル以上を目標としており、平成30年度から令和2年度末までの実績として、目標180キロメートルに対して実績168キロメートルと若干下回っている状況ですが、今後も着実な管路更新に努めてまいります。
 「水道管の耐震化の取り組みについて」及び「水道施設の整備計画(管路耐震化促進・緊急10ヵ年計画)」に関する内容については、下記の水道局ホームページをご参照ください。
 なお、水道局では、生活、都市活動に欠かせない水を着実に皆さまにお届けできるよう、今後も引き続き、管路更新・耐震化に取り組んでまいりますので、ご理解、ご協力賜りますようよろしくお願いいたします。

○水道管の更新(耐震化)の取り組みについて
 トップページ > 組織から探す > 水道局 > 水道局の主な取り組み > 災害対策 > 水道局の取り組み > 水道管・水道施設の耐震化 > 水道管の更新(耐震化)の取り組みについて
 https://www.city.osaka.lg.jp/suido/page/0000091835.html

○水道施設の整備計画(管路耐震化促進・緊急10ヵ年計画)
 トップページ > 組織から探す > 水道局 > 水道局の主な取り組み > 災害対策 >水道局の取り組み > 水道管・水道施設の耐震化 > 水道施設の整備計画の推進
 https://www.city.osaka.lg.jp/suido/page/0000017146.html

【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

水道局 工務部 計画課
(電話番号:06-6616-5512)

対応の種別

説明

受付日

2021年10月12日

回答日

2021年10月25日

公表日

2021年12月31日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない