ページの先頭です

広聴マニュアルを遵守することについて

2022年1月31日

ページ番号:554280

市民の声

 他局や区役所の「広聴マニュアル」からの逸脱について政策企画室に報告があったときに「改めて広聴マニュアルを遵守するように指導(伝達)しました」との文言はしょっちゅう見かける。
 例)令和3年6月3日受付「『市民の声』が適切に運用されていないことについて」
 それでは、政策企画室自体がマニュアルを守っていないと非難されたときはどうか?
 令和3年2月14日受付「市民の声の制度に関することについて」から引用する。
 「規定どおりに対応等がなされていない」とのご意見について、個別の状況等により、規定どおりでなくても、適切に行っている場合は差し支えないものと考えております。
 他人には厳しく自分には甘く、ずいぶん虫のいいマニュアル遵守だなあ。
 適切に行っている場合は規定どおりでなくとも差し支えないだと?
 その「適切」ってのは一体だれが判断してるんだ?そういうのはマニュアル遵守とは言わない。
 こんな回答に決裁のハンコを押した責任者にはきちんと責任を取っていただきたい。

市の考え方

 令和3年2月14日受付「市民の声の制度に関することについて」の中で指摘されている「規定どおりに対応等がなされていない」とのご意見については、政策企画室がマニュアルを守っていないのではなく、令和3年1月21日受付「北区役所が『市民と市政をつなぐ広聴ガイドライン』及び『広聴マニュアル』を遵守したと主張していることについて」の案件を指しており、広聴統括部署としては、受付部署と申出内容を所管する所属の間において、適切に連携し進捗確認を行っている場合は差し支えないものと考えております。

担当部署(電話番号)

政策企画室 市民情報部 広聴担当
(電話番号:06-6208-7331)

対応の種別

説明

受付日

2021年10月27日

回答日

2021年11月9日

公表日

2022年1月31日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない