ページの先頭です

情報公開請求に関する総務局情報公開グループの対応について

2022年1月31日

ページ番号:554315

市民の声

 総務局情報公開グループのある職員及びその上席が、情報公開請求の内容の主旨を汲み取ってくれず、本来の主旨からねじ曲げて受け付けようとしてくる。
 後日、あらためて文書で出してくるように言ってきたり、電話をかけてきて請求内容について確認しようとしたり、問い合わせ先を変えさせようとしてきた。
 そもそも、主旨についてはその場で確認できるのではないか。にもかかわらず、そのような対応をするのは大阪市として公開すると困る文書を出したくないので、出来る限り文書を出さない方向に持っていこうとしているからではないか。
 また、電話をかけたときに気遣いの言葉もない。電話対応が一般的なマナーとかけ離れていると感じた。

市の考え方

 令和3年11月15日に、申出人様より大阪市長あての特定会派から返還された大阪市会議員の報酬総額に関する公文書公開請求書を窓口で受け付けました。
 しかしながら、受付後、当該報酬に関する事務は市会事務局が担当し、大阪市会議長が公文書を保有していることから、大阪市会情報公開条例第5条の規定に基づき大阪市会議長あてに公文書公開請求を行う必要があることがわかりました。
 そのため、大阪市会議長あての公文書公開請求書の受付窓口は市会事務局であることをご案内させていただくため申出人様にお電話いたしましたが、お話を聞いていただけませんでした。
 公文書公開請求の受付時において、適切な受付対応となるよう、努めてまいります。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

総務局 行政部 行政課(情報公開グループ)
(電話番号:06-6208-9826)

対応の種別

説明

受付日

2021年11月19日

回答日

2021年12月3日

公表日

2022年1月31日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない