ページの先頭です

「大阪市教育への提言」が市民の声として公表されないのはなぜですか

2022年2月1日

ページ番号:554364

市民の声

 大阪市立中学校の校長が「大阪市教育への提言」を令和3年7月7日に教育長あてに提出したことは、周知の事実です。(インターネットで提言の内容まで確認できます。)
 この内容やそれに対する市の考え方が市民の声として公表されると思っていたのですが、公表されていません。
 大阪市のホームページ、市民の声の説明には「大阪市では、市民のみなさまから市政に対するいろいろな声をいただき、本市施策へ反映させ、みなさまに信頼される区政・市政の実現をめざすとともに、お寄せいただいたご意見等の要旨と本市の回答を紹介することで、市民のみなさまとの情報共有に努めています。」と書いてあります。これを素直に読んで、校長の提言が市民の声として公表されていない理由がわかりません。除外要件があるのであれば市民がわかるようにホームページにも記載してください。
 なぜ、市民の声として公表されていないのか政策企画室が根拠を示して答えてください。

市の考え方

 本市では、市民の方からお寄せいただきましたご意見等は、「市民の声」制度の基本的事項等を定めた「市民と市政をつなぐ広聴ガイドライン」及び「市民の声」の事務取扱い等を定めた「広聴マニュアル」に基づき対応しているところです。
 上記いずれにも除外要件として記載しておりませんが、「市民の声」とは別に、職員が市政運営に関する提案をする制度等もあることから、お申し出の本市職員による提言など、職員からの意見等だと明らかにわかるものは、「市民の声」制度として取り扱わないこととしておりますので、ご理解のほどお願いいたします。
 なお、大阪市立小学校長より大阪市長及び教育長宛てに提出された大阪市教育行政に関する提言は、大阪市が進める教育施策・教育行政の在り方に関わる内容となっていたため、本市教育行政に関する教育委員会の基本的な考え方について、令和3年7月16日付けで、各校園長あてに通知していることを教育委員会事務局に確認しています。
 その内容はホームページ(https://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/page/0000545552.html)で公表していますので、ご覧ください。

担当部署(電話番号)

政策企画室 市民情報部 広聴担当
(電話番号:06-6208-7331)

対応の種別

説明

受付日

2021年12月6日

回答日

2021年12月20日

公表日

2022年2月1日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない