ページの先頭です

京橋駅地下通路の通行状況への対策について

2022年2月28日

ページ番号:557207

市民の声

 2021年11月5日に写真投稿で送らせて頂きましたが、1ヶ月以上経ちましたが何の返答も現場変化もありませんので、市民の声で改めて投稿させて頂きます。
 京橋駅地下通路に関する投稿依頼(提案含む)をさせて頂いております。
 しばらく様子を見ておりました。
 市政側は定着するまで待てと言われていますが、先日右側通行しているにも関わらず衝突されたので、トラブルや怪我人が出てからでは遅いので、改めて投稿させて頂きました。
【市政側回答の一部】
 『朝夕のラッシュ時に現地を確認したところ、人の流れが途切れ、歩きスマホをしている歩行者等が左側に行くような際には、後続の歩行者も左側を通行する状況が見られるものの、混雑時にはおおよそ右側通行に改善されておりました。』
【考察】
 「混雑時にはおおよそ右側通行に改善されておりました」とありますが、毎日見ている私的には、全く改善された様には見えません。
 前にも説明させて頂きましたが、そもそも朝は以前から(右側通行と決めて表示する前から)右側通行になっていました。
 それが夕方の帰宅時には、左側通行になるという様に、朝晩で通行方向が変わっていたのです。
 元々右側通行となっていた朝の状況を見て、改善されたと短絡的に判断されているのではないですか!?
【依頼】
 下記2点の「歯止め対策」を実施する。
(1)路面に進行方向の矢印を表示する。
(2)「この通路は右側通行となっております。右側通行のご協力をお願い致します。」との音声アナウンスを流す。
【質問】
(1)現在も対策前と同様に、朝は右側通行、晩は左側通行のままです。「改善されている」との回答を頂きましたが、そういう観点(以前の状況)をもって、確認して頂けたのか。私の情報を踏まえていたのか?視察日時は?改善されたは誰の判断?など
(2)上記依頼の2点、実施して頂けますでしょうか?もし出来ないなら、納得出来る理由を教えて頂けますでしょうか?
【総括】
 せっかく迅速に表示対策を実施して頂けて安心していたのに、中途半端な状況に残念でなりません。
 私はこうなる事を予測して、歯止め対策まで投稿させて頂いたのです。
 いつもの様な投稿者が求める内容が全く無い的外れな回答なら、本当に怒りますよ。

市の考え方

 これまでのご意見を踏まえ、京橋駅地下通路で通行される方が交差し、衝突の可能性がある箇所において、衝突を回避するための注意を促す掲示物や右側通行の協力を依頼する掲示物を設置させていただきました。
 上記対策の効果を検証するため、経過観測として、朝夕のラッシュ時を含め、現地を確認したところ、時間帯によっては、左側通行をされている方を確認しました。
 当該地下通路は隣接する商業施設側からエスカレーターまでの距離が非常に長いことなどから、壁面の表示だけでは十分な効果が得られなかったと考えております。
 よって、以前からご提案頂いております「路面に進行方向を示す矢印」と「区分を示す中央線の表示」を追加の対策として実施いたします。
 なお、併せてご提案頂きました「右側通行の協力を依頼する音声アナウンス」についてですが、当該通路のアナウンスは全てのブロックで共通に放送されており、現時点では通路やブロック単位で音声を流すことができません。
 今後、路面表示に向けて、設置場所や関係機関との調整など、鋭意進めてまいります。

担当部署(電話番号)

建設局 道路部 道路課(道路維持担当)
(電話番号:06-6615-6797)

対応の種別

説明

受付日

2021年12月21日

回答日

2022年1月4日

公表日

2022年2月28日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない