ページの先頭です

西区役所保健福祉センター保健福祉課(生活支援)における個人情報開示請求を情報提供へ切替る際の対応について

2022年3月31日

ページ番号:561147

市民の声

 生活保護のケース記録に関する個人情報開示請求を行ったところ、福祉事務所(平野区役所生活支援課の第2支援グループ)から情報提供という形で資料を渡された。
 それだけでなく、情報提供による資料では審査請求を行うことができない旨の説明もなかった。 
 平野区役所を除く他の区役所においても、生活保護受給者からの個人情報開示請求に対してこのような対応を行っているのか。

市の考え方

 本市におきましては、生活保護のケース記録に限らず、保有個人情報の開示請求があった場合、請求者様に費用負担が生じない等の利点があることから、情報提供で対応できるものについては、情報提供に切り替えていただくことを、請求者様にご案内させていただいております。
 ただし、情報提供は事実行為であるため請求者様が審査請求を行えないなど、保有個人情報の開示請求とは取扱いが異なることから、保有個人情報の開示請求を情報提供に切り替える場合には請求者様のご了解が必要となります。
 そのため、請求者様が情報提供ではなく、保有個人情報の開示請求による開示・非開示決定を望まれている場合には、情報提供に切り替えることなく、保有個人情報の開示請求により対応しております。

担当部署(電話番号)

西区役所 保健福祉センター 保健福祉課(生活支援)
(電話番号:06-6532-9937)

対応の種別

説明

受付日

2021年12月27日

回答日

2022年1月12日

公表日

2022年3月31日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない