ページの先頭です

総務局の不存在による非開示決定の理由について

2022年3月31日

ページ番号:561228

市民の声

 令和3年12月24日付け大総務第e-315号不存在による非開示決定の理由に「・・・審査請求案件については、・・・第2部会において審議に着手しているが、・・・「開催概要」・・・作成されていないことから・・・」とある。
 この意味がまったく分かりませんので詳しく教えてください。
 また、議事録と開催概要は同じなのか、審議の内容(各委員の発言等)の記録は存在するのか否かについても教えてください。

市の考え方

 大阪市個人情報保護条例第65条において「審議会の行う調査審議の手続は、公開しない。」と定められているため、大阪市個人情報保護審議会では、非公開の調査審議においては、その手続に支障が生じない範囲で議事録にかえて、開催概要を作成しております。
 申出人様から開示請求がありました情報については、請求されました令和3年11月10日時点では開催概要が作成されていなかったことから、請求内容に合致する公文書は存在せず、本件請求に係る保有個人情報を保有していないため、不存在による非開示決定を行いました。

担当部署(電話番号)

総務局 行政部 行政課(情報公開グループ)
(電話番号:06-6208-9826)

対応の種別

説明

受付日

2022年1月31日

回答日

2022年2月14日

公表日

2022年3月31日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない