ページの先頭です

旭区民アンケートと運営方針について

2022年4月28日

ページ番号:564278

市民の声

 令和4年1月26日に区役所を訪問し、区民アンケートについての質問を行いました。
 その中で、「情報公開審査会に対しては『回答者の回答状況にとどまる』などと説明している区民アンケートの結果を、運営方針ではめざす状態の達成状況を判断するうえで意味のあるデータとして取り扱っている。これは矛盾しており、論理的に破綻している。」との指摘に対し、応対した担当者は「認めざるを得ない」とのことでした。
 情報公開審査会への説明の段階では、区民アンケートの結果を上記のとおり取り扱っていることを認識していたことは明白であることから、この説明は虚偽であり、情報公開審査会に対して嘘をついたということですね。
 また、担当者は「区民アンケートの結果は区民全体の状態を表すものではない。」との説明も行いました。
 運営方針のアウトカム指標は「めざす状態を数値化した指標」であるとされています。令和2年度旭区運営方針でいうと、「区民一人ひとりが健康の重要性を意識し、生活習慣病の改善及び早期発見・早期治療を実践する区民の割合を増やす」などとした「めざす状態」の達成状況を判断するためのものであり、ここに書かれている「区民」が旭区民全体をさすことは明白であることから、アウトカム指標とされている「健康意識の高まりを感じる区民の割合」の「区民」も(アンケート回答者にとどまらず)区民全体をさすことも明らかです。
 そして、区民アンケートの結果をアウトカム指標としていることから、区民アンケートの結果が「区民全体の状態を表すもの」であると考えていたことも明らかです。仮にこれを「違う」と強弁したところで、区民アンケートの結果をアウトカム指標として使用していることには間違いがないので、なぜこのように用いることができるのか、その根拠を説明する必要が生じます。
 これまでの旭区役所の説明は客観的事実とも矛盾しており、論理的整合性もとれていません。
 上記、区民アンケートの結果をなぜアウトカム指標として用いることができるのかという点をはじめ、これまで質問している点について、改めてきちんとした説明を求めます。

市の考え方

 繰り返しのご説明になりますが、区民アンケートにつきましては、本市施策に対するご意見を区民の皆様に広くお聞きできる手段であると考えています。
 また、本アンケートの調査結果により取得したデータにつきましては、母集団の代表となっているとは必ずしも言えないということを認識したうえで、必要に応じて様々な関連情報と合わせて、施策・事業を進めるうえでの総合的な判断を行う際に活用しています。
 なお、ご来庁いただきました際の当区の担当者の発言につきましては、担当者に確認いたしましたが、申出人様のご意見に対しまして、内容の理解に努めようとする会話の流れの中で申し上げたものとのことで、その際、私どもの考え方をお伝えすべきところ、その機会を逸してしまい、お伝えし切れなかったことについて、担当者も言葉足らずであった点を反省いたしております。誤解を招きましたことにつきましてお詫び申し上げます。
 私どもの考え方につきましては、繰り返しになり恐縮ですが、上記に記載のとおりでございます。

担当部署(電話番号)

旭区役所 企画総務課(企画調整)
(電話番号:06-6957-9683)

対応の種別

説明

受付日

2022年1月30日

回答日

2022年2月10日

公表日

2022年4月28日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない