ページの先頭です

トピックス

2022年9月27日

ページ番号:565346

「トピックス」として、市長の活動をご紹介しています。

令和4年9月17日(土曜) 第47回淀川区民まつり

第47回淀川区民まつりで挨拶をしている市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、淀川区で3年ぶりに開催された「淀川区民まつり」に、多くの来賓の方々と共に出席しました。開会の挨拶では、無事に開催されたことに祝辞を述べた後、大阪・関西万博公式キャラクター「ミャクミャク」を紹介。誰もが人生を楽しめる幸せな世界を、未来に脈々と繋げられるようにと願いを込めつつ「いのち輝く未来社会のデザイン」のテーマと合わせて、大阪・関西万博をPRしました。

第47回淀川区民まつりで区民の方々とふれあう市長の写真
別ウィンドウで開く

 壇上挨拶の後、各地域等が催す会場のブースを歩いて回り、区民の方々とふれあいました。

令和4年9月17日(土曜) 第49回西淀川区民まつり

第49回西淀川区民まつりで挨拶をしている市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、西淀公園で開催された「第49回西淀川区民まつり」に出席しました。
 市長は、「コロナを乗り越えて、3年ぶりに区民まつりを現地開催できることをうれしく思う。2025年の夢洲での大阪・関西万博開催に伴い、淀川沿線は一大にぎわいエリアになってくる。ここ西淀川区も人口が増え、さらににぎわいエリアになってくることは間違いない。西淀川区を愛する皆さんが結集し、西淀川区制100周年に向けてぜひ盛り上げていってほしい。」と述べました。

令和4年9月8日(木曜) 大阪エヴェッサ表敬訪問

大阪エヴェッサの表敬訪問を受ける市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、市長公室において大阪エヴェッサのBリーグ2022-2023シーズンの開幕に伴う表敬訪問を受けました。
 市長は、「日頃より、市内の小中学生への試合招待や、小中学校へのバスケットボール寄附など、大阪市政のさまざまな取り組みにご協力いただき誠にありがたい。また、昨シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響により、客席50パーセントからスタートしたにもかかわらず、2022-2023シーズンの観客動員が約65,000人とリーグ4位の集客数となった。今シーズンは9月末からリーグが開幕するということで、コロナの影響でなにかと沈みがちな世の中を、大阪エヴェッサの活躍で大阪から是非盛り上げていただきたい。」と挨拶しました。
 その後、尾上満昭代表取締役、マティアス・フィッシャーヘッドコーチ、選手それぞれから挨拶があり、尾上代表取締役からユニフォーム、竹内譲次選手からサイン入りの公式球、そしてディージェイ・ニュービル選手から2022-2023シーズン大阪市小中学生無料招待の目録の贈呈を受けました。

令和4年8月11日(木曜) 北朝鮮による日本人拉致問題を考える会

北朝鮮による日本人拉致問題を考える会に出席している市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、大阪市中央公会堂で開催された「北朝鮮による日本人拉致問題を考える会~親子・家族で参加しよう!~」に、吉村大阪府知事、永藤堺市長とともに出席しました。
 市長は、いまだ解決に至っていない北朝鮮による日本人拉致問題について、「拉致問題を風化さないために、拉致という人権侵害を許してはならないということを次の世代にも伝えていく。一日でも早く問題を解決するため、一人ひとりが全力を尽くし、できる限りのことをやっていきたい。」と述べました。
 講演会では、拉致被害者の蓮池薫さん(新潟産業大学経済学部准教授)から、帰国後20年の思いが語られました。

令和4年8月10日(水曜) オリックス・バファローズホームゲーム 市長特別始球式

オリックス・バファローズホームゲーム市長特別始球式に出席する市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、京セラドーム大阪で行われた「2022年度パシフィック・リーグ公式戦オリックス・バファローズホームゲーム東北楽天ゴールデンイーグルス戦」において特別始球式を行いました。

オリックス・バファローズホームゲーム市長特別始球式でピッチングする市長の写真
別ウィンドウで開く

 市長は、ピッチャーマウンドにおいて、「本日はオリックス・バファローズ夏のビックイベントBs夏の陣2022ということで、選手とお揃いの特別ユニフォームを用意いただいた。ユニフォームの背番号は2025年大阪・関西万博の開催年である「2025」となっている。オリックス・バファローズが日本一になって、大阪を更に活気づけてもらい、万博開催に向けて盛り上げていこう。現在、パ・リーグ優勝争いは混戦状況にある。オリックス・バファローズの強力打線と鉄壁の守備で本日も勝利を勝ち取り、そして、パ・リーグ連覇を達成し、今年こそ日本一となることを信じている。皆さん、オリックス・バファローズの勝利に向けともに応援しよう。」とチームへの激励と観客への挨拶の後、見事なピッチングで特別始球式を行いました。

令和4年8月2日(火曜) OSK日本歌劇団表敬訪問

OSK日本歌劇団の表敬訪問を受ける市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、市長公室において、本年で劇団創立100周年を迎えられたOSK日本歌劇団の表敬訪問を受けました。
 懇談において、同劇団トップスターの楊(やん)さんから、18歳以下の大阪市民および大阪市に避難されているウクライナ国民を、創立100周年記念コンサートへご招待したいとの提案がありました。
 市長は、「大変ありがたいお申し出である。新型コロナウイルス感染症により文化芸術に触れる機会が減った大阪市民や、戦争により被害を受けたウクライナ国民の方々に、心がうるおい、安らぐ場を提供していただきたい。」と述べました。
 懇談の後、劇団員による「100周年記念舞踊『さくら』」の一部が披露されました。
※マスクは記念撮影時と舞踊披露時のみ外しています。

令和4年8月1日(月曜) 大阪文化芸術創出事業「歌舞伎特別公演」記者発表会

大阪文化芸術創出事業「歌舞伎特別公演」記者発表会に出席する市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、中村鴈治郎さん、片岡愛之助さん、中村壱太郎さんら歌舞伎俳優とその関係者、及び吉村大阪府知事とともに、大阪市役所屋上会議室において、大阪文化芸術創出事業「歌舞伎特別公演」記者発表会に出席しました。
 市長は、「劇場街として数多くの名優、名舞台を世に送り出し、歌舞伎にもゆかりの深い場所である道頓堀で、大阪が誇る歌舞伎を開催することは、大阪が元気になるきっかけとして最高と思うので、ぜひ多くの皆さんに楽しんでいただきたい。」と述べました。
 中村鴈治郎さんは、「コロナ禍においては、歌舞伎など文化芸術の必要性について幾度も悩んできたが、今は、文化芸術は人間が生きていく上で不可欠であると信じており、こうして大阪府・市とともに、大阪松竹座で舞台に立てることを非常に嬉しく思います。」と、公演に対する思いを述べられました。

令和4年7月28日(木曜) 戦後77年大阪戦没者追悼式

「戦後77年大阪戦没者追悼式」に出席する市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、先の大戦で尊い命を捧げた戦没者に対し追悼の誠を捧げるとともに、その教訓を次世代に語り継ぎ、恒久平和の誓いを新たにするため、「戦後77年大阪戦没者追悼式」に出席しました。
 市長は参列者とともに黙とうを捧げ、献花を行い、閉式のことばで「再び戦争の惨禍が繰り返されることのないよう、過去から学んだ多くの教訓を風化させることなく、命の大切さや平和の尊さを次の世代に伝えていくことが、今を生きる私たち一人ひとりに課せられた責務である。未来を担う子どもや孫の世代に、戦争のない素晴らしいこの国を継承するため、そして、世界の恒久平和の実現のため、あらゆる努力を重ねることをここに誓う。」と述べました。

令和4年7月21日(木曜) BIE(博覧会国際事務局)事務局長との面談

吉村大阪府知事とともにケルケンツェス事務局長とアクバノ展示部長と写真に写る市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、吉村大阪府知事とともに、市長公室において、BIE(博覧会国際事務局)のケルケンツェス事務局長とアクバノ展示部長と面談をしました。
 市長は、「大阪ヘルスケアパビリオンが万博のテーマである『いのち輝く未来社会のデザイン』を体現するパビリオンとなるよう、引き続き準備を進めていくとともに、世界中の人から称賛され、感動を与えられる万博となるよう、万博開催都市として、引き続き全力で取り組む。」と述べました。
 ケルケンツェス事務局長は、「コロナ禍の今、大阪で開催される万博は非常に重要であり、私たちも多くのサポートやアドバイスをさせていただきたい。」と述べられました。

令和4年7月18日(月曜) 「大阪来てな!キャンペーン」キックオフイベント

「大阪来てな!キャンペーン」キックオフイベントであいさつをしている市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、吉村大阪府知事とともに、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにおいて開催された「大阪来てな!キャンペーン」キックオフイベントに出席しました。
 大阪府内の各所で9月から冬にかけ、音楽や食、アートなどさまざまな体験をお届けする「大阪来てな!キャンペーン」の紹介にあたり、市長は府知事とともに、「府民の皆さんはもちろん、全国の皆さんにも、ぜひ大阪を楽しんでいただきたい。全国の皆さんに色々な大阪の場所に行っていただき、新たな大阪の良さを知っていただきたい。」と述べました。

「大阪来てな!キャンペーン」キックオフイベントに出席している市長の写真
別ウィンドウで開く

 また、「大阪来てな大使」に就任したコシノジュンコさん、コブクロの小渕健太郎さん、黒田俊介さん、NMB48の渋谷凪咲さんらとのトークや、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンによるスペシャルパフォーマンスでステージを盛り上げました。
 続いて、「大阪・関西万博」の開幕1000日前を記念して、若宮国際博覧会担当大臣など大阪・関西万博関係者らとともに、カウントダウンクロックの除幕を行ったほか、大阪・関西万博のアンバサダーも務めるコブクロがスペシャルライブを行い、大阪・関西万博オフィシャルテーマソング「この地球(ほし)の続きを」が初披露されました。

令和4年7月4日(月曜) サントリーサンバーズ表敬訪問

山村監督へ花束を贈呈する市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、市長公室において、2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MENおよび第70回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会で優勝したサントリーサンバーズの表敬訪問を受けました。
 サントリーサンバーズの山村宏太監督や喜入祥充選手等から優勝報告を受けた市長は、「V.LEAGUE連覇および黒鷲旗の優勝と2冠を達成して、今年もこうやって優勝報告に来てもらい嬉しく思う。本当におめでとう。サントリーサンバーズの活躍は大阪市民に元気を与えてくれている。今後もスポーツの力で大阪から明るい話題を広めてほしい。」と激励しました。
 しばらく歓談した後、サントリーサンバーズから市長へチャンピオンTシャツのプレゼントがあり、市長から山村監督へV.LEAGUEと黒鷲旗の優勝を祝って花束を贈呈しました。
※マスクは花束贈呈時と集合写真撮影時のみ外しています。

サントリーサンバーズから表敬訪問を受ける市長の写真
別ウィンドウで開く

令和4年6月14日(火曜) 第1回大阪スーパーシティ協議会

第1回大阪スーパーシティ協議会に出席する市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、複数分野の先端的サービスの提供と大胆な規制改革等によるスーパーシティの実現をめざすことを目的に府市と経済界等による意見交換を行うため、第1回大阪スーパーシティ協議会に吉村大阪府知事とともに出席しました。
 協議会では知事や経済界等の出席者からご意見をいただいたほか、市長は「先端的なサービスを実施するメインプレイヤーは、さまざまなノウハウを有する民間事業者の皆さんであり、このスーパーシティの制度を活用して先端的サービスを積極的に進めていただくため、いっそう官民の連携を図っていきたい。」と大阪の未来社会実現に向け、決意を示しました。

令和4年5月26日(木曜) 北京2022パラリンピック冬季競技大会にかかる市長特別表彰式

岡本圭司選手に対し市長特別表彰を行う市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、市長公室において北京2022パラリンピック冬季競技大会で入賞された大阪市にゆかりのある岡本圭司選手(男子スノーボードクロス(SB―LL2)8位)に対して市長特別表彰を行いました。
 市長は、「世界の頂点を競う北京2022パラリンピック冬季競技大会において、すばらしい活躍をされたことを心からお喜び申し上げる。この大会は、コロナ禍での開催という中でご苦労もあったかと思うが、岡本選手の健闘は、多くの大阪市民に勇気と感動を与えていただいた。今後もより一層のご活躍を期待している。」と述べました。

令和4年5月11日(水曜) 駐日アメリカ大使表敬訪問

ラーム・エマニュエル駐日アメリカ大使から表敬訪問を受ける市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、市長公室において、ラーム・エマニュエル駐日アメリカ大使から表敬訪問を受けました。
 市長は、エマニュエル大使に歓迎の意を伝えるとともに、「今後も、御堂筋とザ・マグニフィセント・マイルとの姉妹ストリートをはじめ、両都市を代表する公園、美術館、マラソン、イノベーション施設等における連携強化をめざす。」と述べました。
 また、大阪・関西万博における魅力的な米国パビリオンの建設について依頼しました。
 エマニュエル大使は、「来年、シカゴと大阪のパートナー都市提携50周年を迎えることをお祝い申し上げる。これからの日米における経済関係のなかで、大阪が中心的な位置を占められるように願っている。」と述べられました。

令和4年4月27日(水曜) 天王寺動物園「ふれんどしっぷガーデン」オープニングセレモニー

天王寺動物園「ふれんどしっぷガーデン」オープニングセレモニーに出席する市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、天王寺動物園で開催された「『ふれんどしっぷガーデン』オープニングセレモニー」に出席しました。
 市長は、「天王寺動物園は地方独立行政法人による経営に移行し、法人の自由な発想で魅力向上を図っている。また、天王寺は大阪都市魅力創造戦略のエリアともなっており、動物園の魅力向上はエリア全体の魅力向上にもつながる。『ふれんどしっぷガーデン』は単に動物に触れるということだけではなく、動物を敬う気持ちを育むことをめざす施設となっている。たくさんの方に来ていただくことで、動物を敬う気持ちを持った市民の方が増えてほしい。」と述べました。

令和4年4月20日(水曜) スイス連邦大統領表敬訪問

スイス連邦のカシス大統領から表敬訪問を受ける市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、山口大阪府副知事とともに、市長公室において、スイス連邦のカシス大統領から表敬訪問を受けました。
 市長は、歓迎の意を伝えるとともに、大阪市にスイス領事館が開設されることにお祝いを述べ、「領事館の開設を機に、イノベーションやスタートアップなどさまざまな分野での交流がより一層活発になることを期待する。」と述べました。
 カシス大統領は、日本とスイスの交流は古く、来年は160周年の記念の年を迎えることや、2025年大阪・関西万博へ参加表明を行ったことに触れ、「これを機にますます両国の関係を強化していきたい。」と述べられました。

令和4年4月20日(水曜) エルサルバドル大使表敬訪問

ディエゴ・アレハンドロ・ダルトン・ロサレス駐日エルサルバドル大使から表敬訪問を受ける市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、ディエゴ・アレハンドロ・ダルトン・ロサレス駐日エルサルバドル大使から表敬訪問を受けました。
 市長は、歓迎の意を伝えるとともに、このたびエルサルバドル共和国が2025年日本国際博覧会へ参加を公式に表明されたことに謝意を表しました。また、「ドバイ万博においてエルサルバドル館を訪問した際は、火山や美しいビーチなどの自然を360度のスクリーンで見ることができ、実際に訪問したかのような体験ができた。」と述べました。
 ダルトン大使は、市長のエルサルバドル館訪問への感謝を伝えるとともに、「2025年は日本とエルサルバドルの外交関係樹立90周年を迎える。大阪・関西万博では、エルサルバドルの魅力を存分にお見せしたい。また、イノベーションやビジネス等の分野で協力関係を深めたい。」と今後の連携に期待を示されました。

令和4年4月13日(水曜) 2025年大阪・関西万博推進本部 第1回会議

2025年大阪・関西万博推進本部第1回会議に出席する市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、市役所にて行われた2025年大阪・関西万博推進本部の第1回会議に、吉村大阪府知事とともに出席し、職員に対して訓示を行いました。
 市長は、「大阪府、大阪市それぞれの職員のスキルをしっかりまとめ上げて、この万博を必ず成功させるため積極的に取り組んでもらいたい。副本部長の副知事と副市長には、専門部会をグリップしていただいて、本部員の各部局長・区長には、所属している部会での役割についてマネジメントをお願いしたい。」と述べました。

令和4年4月11日(月曜) 大阪公立大学 入学式・開学記念式典

大阪公立大学の入学式・開学記念式典に出席する市長の写真
別ウィンドウで開く

 松井市長は、大阪城ホールで開催された「大阪公立大学 入学式・開学記念式典」に、末松文部科学大臣、吉村大阪府知事をはじめとした多くの来賓の方々とともに出席しました。
 市長は、大阪公立大学のシンボルマーク除幕の後、「大阪公立大学には、真理を探究する『知の拠点』として、大阪の発展・成長に大きく貢献し、世界レベルへの大学へと飛躍することを期待している。これから学ばれる皆さんには、今の希望に満ちた気持ちを忘れず、高い志を持って勉学に励み、これからの人生の礎となるような有意義な学生生活を送ってください。」と新大学への期待と新入生へのお祝いのことばを述べられました。

関連ページ

トピックス

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 政策企画室市民情報部広報担当

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所5階)

電話:06-6208-7251

ファックス:06-6227-9090

メール送信フォーム