ページの先頭です

ウクライナ支援を西淀川区ふるさと納税から始めることについて

2022年5月31日

ページ番号:566500

市民の声

 初めまして、西淀川区在住の中学生です。西淀川区長にご提案です。
 この社会情勢の中、西淀川区もウクライナへの支援をふるさと納税で始めてみることはいかがでしょうか。
 僕の所属していたサッカーチームは、子供のサッカーチームでも全国的に恐らく希有な存在で、地元を盛り上げることにも使命を持ち地元企業協賛の試合を主催し、地域の人の温かな支援の中で成長させてくれたチームです。
 西淀川区には外国にルーツを持つ方がたくさんいらっしゃるので、色んな外国語に対応する指差し会話ができる薬局さんも、協賛試合、チームをサポートして下さっています。
 そんな温かな町の人や、色んな国にルーツを持つ友達と一緒に育ってきて、地理的に遠いからとか、どこの国だからということで人助けをしない理由にはならない、とニュースを見て毎日思います。僕もウクライナの人達に何か出来る事はないかと考えるようになったのも、この町のおかげなのかもしれません。
 大学の先生を招待しての理系授業や、区民運動会、地域対抗マラソンどれも楽しく参加させてもらい、僕が西淀川区が好きだと感じる理由です。
 きっと一人で何かを始めるよりも、いつも僕達こどもから大人までが楽しめる企画を考えてくれる西淀川区に相談し、みんなで始める方が大きな力となってウクライナの人達に届きます。世界の平和のために西淀川区も動くべきだと思います。区を広く活用してもらうことが一番の宣伝で、区の財産になるのではないでしょうか?
 大規模接種会場にもなり、お忙しい時かと思いますが、僕でできることは何でもしますので、ぜひご検討のほどよろしくお願い申し上げます。 

市の考え方

 このたびは、ふるさと納税制度を活用したウクライナ支援のご提案をいただきましたこと、また日頃から西淀川区に対して愛着や親しみ、関心をお持ちいただいておりますことに感謝申し上げます。
 ウクライナでは、国内各地で続く戦闘による死傷者の発生、生活に欠かせない施設の損害や食糧の不足等ととともに、生命や財産の被害を免れるため多くの市民が周辺の国々へ退避していると報じられています。
 このような状況などを受けまして、西淀川区役所として少しでも同国市民の生活支援などに役立てるべく、当面の間、ご寄附を受け付けるための募金箱の区役所庁舎への設置について、関係先と調整中です。また、大阪市としても、今後ウクライナの方が日本へ避難された際に、金銭面その他の支援を行うことを検討中です。
 貴重なご意見をいただき重ねて感謝いたします。

担当部署(電話番号)

西淀川区役所 総務課
(電話番号:06-6478-9625)

対応の種別

説明

受付日

2022年3月7日

回答日

2022年3月18日

公表日

2022年5月31日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない