ページの先頭です

小中学校の教育方針について

2022年8月31日

ページ番号:574938

市民の声

 小中学生に株価や投資を教える前に、言っていいことや悪いことなどの道徳と勉強の基礎を教えなければならない。道徳や基礎を教えずに投資を教えるから、投資で稼ぐことができれば勉強できなくてもいいという考え方の人が増えてしまう。
 教育方針をもう一度考え直してほしい。

市の考え方

 大阪市教育振興基本計画では「全ての子どもが心豊かに力強く生き抜き未来を切り拓く力を備え、健やかに成長し、自立した個人として自己を確立することをめざします。あわせて、グローバル化が進展した世界において、多様な人々と協働しながら持続可能な社会を創造し、その担い手となることをめざします。」を基本理念として示しており、子どもたちの最善の利益のために、教育環境を安全で安心な場とし、学力や体力の向上に効果を上げることを最重要目標として取り組んでおります。
 また、各校では、教科等の教育内容について文部科学省が定める学習指導要領および大阪市教育振興基本計画に則り、校長の責任のもと、適切に編成された教育課程に基づいて組織的かつ計画的に実施することで、質の向上を図っております。
【本件は、申出人様への回答はしていません。】

担当部署(電話番号)

教育委員会事務局 指導部 初等・中学校教育担当 初等・中学校教育グループ
(電話番号:06-6208-9186)

対応の種別

説明

受付日

2022年6月28日

回答日

2022年7月12日

公表日

2022年8月31日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない