ページの先頭です

ごみ収集車から流れるコロナ・節電に関する啓発内容について

2022年10月1日

ページ番号:579117

市民の声

(1)コロナに関する啓発について
 1年ほど前からごみの収集車が、ごみ回収の音声と同時にコロナ啓発も行っている。啓発の音声では、マスクをするよう音声が流れているが、国は熱中症のために、1人の時や外出時などは外してもいいと言われている。テレビでの放送と関係局の流している内容が異なっている。関係局は、マスクをしろ、手洗いしろなど広報しているが、国の広報と違っているのではないか。1年前と現在では現状が違っているのに(熱中症対策など)放送が変わっていないのはおかしいのではないか。
(2)節電に関する啓発について
 広報車(ごみの収集車)で節電のお願いを放送しているが、(できるだけと放送では言っているが)電力のひっ迫状況はないのではないか。(電力がひっ迫していないにも関わらず、節電のお願いの放送をしているのではないか。)熱中症がある中でこのような放送はおかしいのではないか。

市の考え方

(1)当局では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の啓発のため、令和2年4月から、普通ごみ収集車による感染防止対策に関するアナウンスを実施しておりましたが、令和3年9月30日に終了といたしました。
 今回のお申し出を受けまして、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に関するアナウンスを誤って行うことがないよう、全ての環境事業センターに改めて周知いたしました。
(2)市民・事業者のみなさまには、日ごろから、省エネルギーの取組にご協力いただいているところです。
 令和4年度は、夏季及び冬季の電力需給が全国的に厳しい状況にあることから、国において、夏季から省エネルギー・節電の取組を積極的に進めていくこととなり、大阪府下においても、6月29日付で大阪府から府内市町村に対して、7月1日から9月30日まで、熱中症に注意し可能な範囲で電気機器の使用を工夫したり、停止するなどの節電に関する対応と呼びかけの協力依頼がありました。
 現在、関西エリアにおいて、電力需給がひっ迫している状況ではありませんが、上記のとおり、大阪府からの要請を受け、本市としましても、さまざまな方法で、熱中症を考慮し、無理のない範囲での省エネルギー・節電の呼びかけを実施しておりますので、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

担当部署(電話番号)

【(1)に関すること】
環境局 総務部 総務課
(電話番号:06-6630-3113)
【(2)に関すること】
環境局 環境施策部 環境施策課
(電話番号:06-6630-3482)

対応の種別

説明

受付日

2022年8月8日

回答日

2022年8月17日

公表日

2022年10月1日

注意事項

本ページの内容は、受付日現在(市の考え方のあるものは回答日現在)の内容であり、現在の内容と異なる場合があります。
本ページの内容にURLの記載があるものについては、そのURLにはリンクの設定はしていません。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない