ページの先頭です

令和元年度 東部市場出張料理教室(梅ジュースの作り方教室)を開催しました!

2019年7月3日

ページ番号:436635

 大阪市中央卸売市場東部市場では、令和元年6月14日(金曜日)、大阪市立育和小学校において、4年生(84名)を対象に「東部市場出張料理教室(梅ジュースの作り方教室)」を開催しました。


梅についての説明


梅ジュースの作り方説明


カチカチに凍った南高梅


氷砂糖をいれます


1週間ほどたってできあがった梅ジュース

料理教室は東部市場の卸売業者の東果大阪株式会社、生産地の和歌山県農業協同組合連合会と共催して、平成18年度から開催しています。

 はじめに東部市場の職員が『中央卸売市場の役割について』の説明を行い、続いて和歌山県農業協同組合連合会の職員から『梅の種類や、田辺市の説明』など興味深い話がありました。栄養サポート紀南※の管理栄養士の方からは、梅はクエン酸を多く含み、疲労回復に良い食べ物であることなどを教わりました。

 ※ 「 栄養サポート紀南」とは、「和歌山県田辺市」「JA紀南」「管理栄養士会」で結成された、「梅」 の食育推奨会

 その後、児童たちに梅ジュース作りを体験してもらいました。カチカチに凍らせた南高梅を広口容器に入れ、その上から氷砂糖をこぼさないように注意深く入れていきます。梅ジュースは出来上がるまでに1週間程かかるため、あらかじめ用意しておいた梅シロップを使って、水で割ったジュースと牛乳で割ったジュースを作り、それぞれ試飲しました。普段口にする酸っぱい梅とは違い、梅ジュースを口にして「酸っぱいけど美味しい!」「牛乳で割ったのはヨーグルトみたい!」と大好評でした。

 東部市場では、今後も「出張料理教室」を通じ、未来の食料消費の主役である小学生の皆さんに、生鮮食料品の知識を普及し、新鮮な素材を使って料理を作る喜びを体感してもらえるよう努めていきます。

東部市場出張料理教室(梅ジュースの作り方教室)の概要

1 日時

令和元年6月14日(金曜日)

午前9時40分~午後0時20分

2 場所

大阪市立育和小学校家庭科室(大阪市東住吉区杭全4-10-12)

3 参加人数

小学校4年生3クラス(84名)

4 講師

東果大阪株式会社

和歌山県農業協同組合連合会

栄養サポート紀南

5 授業内容

市場の役割の話

梅の産地や栄養について

梅ジュースの作り方実習

6 試飲

梅シロップを水で割ったジュース

梅シロップを牛乳で割ったジュース

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 中央卸売市場 東部市場業務管理グループ

住所:〒546-0001 大阪市東住吉区今林1丁目2番68号(水産卸売場棟3階)

電話:06-6756-3901

ファックス:06-6756-3905

メール送信フォーム