ページの先頭です

『旬のかぶを調理してみよう』~東部市場出張料理教室(青果教室)を開催しました~

2020年1月30日

ページ番号:472782

 大阪市中央卸売市場東部市場では、令和2年1月21日(火曜日)に、大阪市立生野南小学校において、5年生を対象に「東部市場出張料理教室(青果教室)」を開催しました。

東部市場に入荷したかぶら(徳島産)の写真
別ウィンドウで開く

東部市場に入荷した
かぶ(徳島産)

中央卸売市場の役割の説明の写真
別ウィンドウで開く

中央卸売市場の役割
の説明

かぶらの生育の話の写真
別ウィンドウで開く

東部市場青果部
卸売業者による
かぶの生育の話

かぶらの栄養の話の写真
別ウィンドウで開く

大地の会による
かぶの栄養の話

調理実習の様子の写真
別ウィンドウで開く

包丁を使って
かぶを切ります。

調理実習の様子の写真
別ウィンドウで開く

フライパンと鍋を使って
調理します。

完成した料理の写真
別ウィンドウで開く

みんなで楽しく
盛り付けます。

    授業では、最初に東部市場より中央卸売市場の役割の説明を行い、続いて東果大阪株式会社の担当者から、旬の食材であるかぶの栽培や生育状況についてのクイズを交えた楽しいお話と説明がありました。続いて、調理講師である大地の会の栄養士からは「かぶには、ビタミンC・カリウム・食物繊維が多く含まれており、体の調子を整えてくれる作用もある。」などの講義がありました。そのあと、子供たちは講師の指導を受けながら、かぶを包丁で切ったり、フライパンでかぶの葉を炒めたりと協力して調理実習に取り組みました。「かぶのスープ煮」「かぶの葉のじゃこ炒め」の2種類のメニューで、煮た状態でのトロトロと炒めた状態でのシャキシャキの異なるかぶの歯ごたえを感じてもらいました。子供達も、自分で調理した料理を「すごくおいしい」といって完食していました。

    東部市場では、未来の食料消費の主役である小学生を対象に、市場を経由する生鮮食料品についての知識や調理方法を普及するなど食育の推進をはかるとともに、市場の仕組みや役割についての認識を深めてもらうことを目的として、今後も「出張料理教室」を実施していきます。

東部市場出張料理教室(青果教室)の概要

1 日時

令和2年1月21日(火曜日)

午前10時50分~午後0時30分

2 場所

大阪市立生野南小学校家庭科室(大阪市生野区林寺6-6-7)

3 参加者数

小学校5年生1クラス(30名)

4 講師

東果大阪株式会社(東部市場青果部卸売業者)

大地の会(大阪市在住地域活動栄養士の会)

5 授業内容

市場の役割の話

かぶの生育の話

かぶの栄養の話

調理実習

6 調理実習

かぶのスープ煮         トロトロした食感が味わえます

かぶの葉のじゃこいため   シャキシャキした食感が味わえます

配付した資料

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 中央卸売市場 東部市場業務管理グループ

住所:〒546-0001 大阪市東住吉区今林1丁目2番68号(水産卸売場棟3階)

電話:06-6756-3901

ファックス:06-6756-3905

メール送信フォーム