ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う対応について

2020年7月3日

ページ番号:501350

市場内事業者への支援について

1.緊急事態宣言のもとにおける中央卸売市場の位置づけ

 4月7日の緊急事態宣言のもと、卸売市場は生活必需物資販売施設であることから基本的に休止を要請しない施設とされている。

2.市場内事業者の状況

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、外出自粛に伴う消費の著しい減退により、とりわけ仲卸業者の状況はスーパーでの取扱量は増加傾向にあるものの、飲食店や宿泊施設での取扱量は激減しており経営を圧迫。(生鮮食料品全般)

 5月21日には大阪府域を対象とした緊急事態宣言は解除され、徐々に社会経済活動が日常に戻りつつあるものの、飲食店など顧客の回復が十分でない状況もあり、現時点では、その状況を見極める必要がある。

3.支援策

 市場内事業者で本市の施設を利用する者について、施設使用料4月分・5月分・6月分の納入期限を令和3年3月末日まで延長する。(申請する事業者のみ実施)

 施設使用料4月分・5月分・6月分の納入期限を令和3年3月末日まで延長する支援制度において、大阪市が延長を決定した事業者については、7月分の納入期限を延長する申し出があった場合は、令和3年3月末日まで延長を認める。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 中央卸売市場 総務担当

住所:〒553-0005 大阪市福島区野田1丁目1番86号(業務管理棟15階)

電話:06-6469-7910

ファックス:06-6469-7939

メール送信フォーム