ページの先頭です

中央卸売市場南港市場施設整備工事の計画変更について

2022年6月29日

ページ番号:570475

 大阪市中央卸売市場南港市場では、「南港市場将来戦略プラン」に基づき、衛生管理水準の高い「米国向け輸出食肉処理施設認定」をめざして施設整備を進めており、現在、大動物(牛)棟は基礎工事、小動物(豚)棟は地上躯体(くたい)工事を実施しています。

 「米国向け輸出食肉処理施設認定」の申請に向けた国との事前協議において、商品管理と廃棄物の動線にかかる課題等に対する国からの助言があり、課題解消のため平面レイアウト変更及び一部増築等が必要となりました。

 そのため、大動物棟及び小動物棟の竣工(しゅんこう)時期が、当初の令和4年度末予定から令和5年度末予定に変更することとなりました。

 なお、令和4年6月13日付で、計画変更に伴う建築確認申請を行ったところであり、建築確認の審査が終わった後に、工事金額等の再積算を行い、今年の12月頃までに工事の変更契約を締結する予定です。

南港市場施設整備工事計画変更について

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

探している情報が見つからない