ページの先頭です

性的指向、性同一性障がい

2019年1月23日

ページ番号:275462

性的指向

 性的指向とは、人の恋愛・性愛がどういう対象に向かうのかを示す概念を言います。具体的には、恋愛・性愛の対象が異性に向かう異性愛(ヘテロセクシャル)、同性に向かう同性愛(ホモセクシャル)、男女両方に向かう両性愛(バイセクシャル)を指します。

 同性愛者、両性愛者の人々は、少数派であるがために正常と思われず、場合によっては職場を追われることさえあります。

性同一性障がい

 性同一性障がいとは、生物学的な性(からだの性)と性の自己意識(こころの性)が一致しないため、社会生活に支障がある状態を言います。性同一性障がいの人々は、からだの性とこころの性との食い違いに悩みながら、社会の中で偏見の目にさらされ、昇進を妨げられたりするなどの差別を受けてきました。

 平成16年7月に「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」が施行され、この法律により、性同一性障がい者であって、20歳以上などの条件を全て満たす人については、性別の取扱いの変更の審判を受けることができるようになりました。(平成20年6月に改正法によって条件を緩和)

性的少数者

 同性愛者、両性愛者、性同一性障がいのある人などのことをLGBT(※)といい、LGBTを含め、性のあり方が多数派とは異なる面がある人々のことを総称して性的少数者といいます。

 性的少数者の中にはカミングアウトされる方もおられ、現在では性的少数者が差別的な扱いを受けることは不当なことであるという認識が広がってきていますが、いまだに偏見や差別が起きているのが現状です。

 多様な性のあり方への理解を深め、性的少数者への偏見や差別意識をなくしていく必要があります。

用語解説

※ LGBT

 「L」はレズビアン(女性同性愛者)、「G」はゲイ(男性同性愛者)、「B」はバイセクシュアル(両性愛者)、「T」はトランスジェンダー(性別越境者)の頭文字をとった略語。

 トランスジェンダーは、生まれた時に法律的、社会的に割り当てられた性別にとらわれない性別のあり方を持つ人(性同一性障がいも含む)のことです。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 市民局ダイバーシティ推進室人権企画課

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

電話:06-6208-7611

ファックス:06-6202-7073

メール送信フォーム