ページの先頭です

所属長マネジメントの強化に向けた取組

2019年4月1日

ページ番号:466091

概要

本市では、施策の⽬的を明確にしたうえで事業を実施し、定期的に当該事業の施策⽬的の実現(成果)に対する有効性をチェックして、事業内容の改善や新たな事業展開につなげるPDCAサイクルのマネジメントツールである運営方針の取組を実施してきましたが、運営方針は広く職員に浸透し、また施策・事業のPDCAサイクルについても職員に定着してきました(下図参照)。

PDCAの職員認知度に関する推移グラフ

※「あなたは、PDCAサイクルの意味を知っていましたか。」に対する答え「はい」「いいえ」のうち、「はい」と回答した職員の割合。

PDCAを意識している職員の割合推移グラフ

※「あなたは、日頃からPDCAサイクルを意識して業務に取り組んでいますか。」に対する答え「①意識している」「②ある程度意識している」「③あまり意識していない」「④意識していない」のうち、①及び②を回答した職員の割合


※「あなたは、運営方針について、どの程度知っていますか。」に対する答え「①運営方針の意義・目的を知っている」「②自所属の運営方針の内容を知っている」「③名前を知っている程度」「④知らない」のうち、①及び②を回答した職員の割合

しかしながら、現状では、所属によって、運営方針に基づく自律的な所属長マネジメント(※)の状況にムラがあることから、市政改革室では「大阪市マネジメント改革推進要綱」を定め、所属長マネジメントに課題があると思われる所属を対象として、「大阪市マネジメント改革推進有識者会議」において、外部有識者から所属長マネジメントに関する意見をいただき、対象所属がその対応方針を明らかにすることなどにより、所属長マネジメントの実効性を担保し、全市的なレベルアップを図ることを目的として、所属長マネジメントの強化に向けた取組を実施します。

 

※ この取組において、「所属長マネジメント」とは、所属長が行う組織の運営・管理のことで、自所属の目標・使命を自覚したうえ、運営方針の策定、日常的な進捗管理、評価などを行って組織的にPDCAサイクルを推進することのほか、所属長が自らの職責を果たすために行うトップマネジメント全般を指します。

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

探している情報が見つからない

このページに対してご意見をお聞かせください

入力欄を開く

ご注意

  1. ご質問等については、直接担当部署へお問い合わせください。
  2. 市政全般に関わるご意見・ご要望、ご提案などについては、市民の声別ウィンドウで開くへお寄せください。
  3. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

このページの作成者・問合せ先

大阪市 市政改革室 マネジメント改革担当

住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所4階)

電話:06-6208-9769

ファックス:06-6205-2660

メール送信フォーム