ページの先頭です

安全都市をめざして(年間行事予定)

2019年11月11日

ページ番号:2000

市民の皆さんに、火災予防や災害対策に関心をもっていただくために、さまざまなイベントを実地しています。

1月

消防出初式

消防出初式 一斉放水の様子
別ウィンドウで開く

 新春の恒例行事として、毎年1月上旬に消防出初式を行っています。
 大阪南港のATC(アジア太平洋トレードセンター)付近一帯を会場として、各種消防車両や消防ヘリコプター・消防艇などの機械部隊による行進のほか、陸・海・空が一体となった消防救助総合訓練が展開され、フィナーレには消防車と消防艇による一斉放水を行います。

文化財防火デー

大阪城での訓練の様子

 1949年1月26日、国宝の法隆寺金堂の火災で壁画12面が消失しました。これをきっかけに毎年1月26日を文化財防火デーと定めています。
 大阪市においても、この日を中心に文化財を火災から守るため、文化財のある施設を重点とした消防訓練や建物の立入検査をしています。

3月

春の火災予防運動

春の火災予防運動の訓練の様子
別ウィンドウで開く

 3月1日から1週間にわたって全国一斉に火災予防運動が実施されます。大阪市においても消防訓練や防災講演会など火災予防に関するさまざまな取組みが地域の人々や事業所などが一体となって実施されます。

5月

水防訓練

河川敷での水防訓練の様子

 この訓練は、梅雨の長雨や集中豪雨などによる河川の氾濫、漏水などの水災に備え水防工法技術を習得するために行っています。
現地の水防団や水防事務組合の指導を受け、水防工法の基本である土嚢作りと、その土嚢を活用した積土嚢工や釜段工などの水防工法訓練を行います。

6月

危険物安全週間

危険物施設での訓練の様子

 6月第2週の1週間を危険物の安全週間と定めて市内の危険物施設等関係者の安全意識を高めるため、危険物火災を想定した消防訓練や危険物の安全管理に関する防災研修会などが各消防署で実施されます。

警防技術練成会

消防技術練成会の様子
別ウィンドウで開く

 市内の25消防署が参加して木造住宅が出火したとの想定で火災現場での消防活動技術の向上を図るために実施し、以後の災害活動に生かしています。

7月

消防救助技術 近畿地区指導会

消防救助技術 近畿地区指導会の様子
別ウィンドウで開く

 消防レスキュー隊員の救助技術を競う場として、全国消防技術大会が毎年開催されるにあたり、救助隊員の技術向上と全国大会の出場予選会を兼ね、毎年7月に実施しています。

救急救命技術研修会

救急救命技術研修会の様子
別ウィンドウで開く

 救急隊員が互いに身につけた、救急技術を披露し医師の指導を受け救急技術の一層の高度化を図ることを目的として毎年行っています。

9月

防災の日(大阪市総合防災訓練)

大阪市総合防災訓練の様子
別ウィンドウで開く

 9月1日の「防災の日」にちなみ、毎年大阪市と大阪府その他関係機関との合同訓練や各区の訓練が実施されます、阪神・淡路大震災の経験を踏まえ、大勢の市民や事業所に勤める人々が積極的に震災訓練に参加されます。

救急医療週間(救急の日)

応急手当の様子
別ウィンドウで開く

 9月9日は「救急の日」として定められていますが、大阪市ではこの日を含む1週間を救急業務や応急手当に対する正しい理解を得るための強化期間として、講演会や応急手当の講習会などを開催しています。

高齢者防火推進週間

高齢者防火推進週間の様子
別ウィンドウで開く

「敬老の日」を含む1週間を高齢者防火推進週間とし、女性防火クラブなど地域のみなさんのご協力とともに、高齢者を対象とした防火訪問や防火教室などを開催しています。

11月

秋の火災予防運動

秋の火災予防運動の様子
別ウィンドウで開く

 11月9日から1週間にわたって、全国一斉に秋の火災予防運動が実施されます。
 火気の取り扱いが多くなる時期を前に、消防訓練や防火講演会などを通して、市民の皆様と火災予防を推進するさまざまな取組みがなされます。

防火防災図画展

防火防災図画展の様子
別ウィンドウで開く

 防火防災図画展は、こどもたちが「火の用心」の気持ちを込めて描いた力作を見ていただくことにより、市民に広く火災予防を呼びかけるものです。
 作品の中には「春の火災予防運動」のポスターとして使用するものや、小学校4年生向け防火パンフレット「大阪市の消ぼう」の表紙絵になるものなども展示されます。

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 消防局企画部企画課

住所:〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号

電話:06-4393-6056

ファックス:06-6582-2864

メール送信フォーム