ページの先頭です

夏場は、低圧進相コンデンサから出火する火災が多く発生します。

2021年7月23日

ページ番号:20737

至急、確認してください!次の製品から出火の恐れがあります。

製品名 低圧進相コンデンサ

該当機種 昭和50年以前に製造された製品

低圧進相コンデンサ


 低圧進相コンデンサが通電中に出火する事故が発生しています。長期使用により内部の絶縁が劣化し、ショートすること等が原因と考えられます。 夏場の気温上昇とともに、コンデンサ本体の温度が上昇し、絶縁劣化が進み発火するため、毎年、夏場に多く火災が発生しています。


 特に、昭和50年以前に製造された製品は保安装置がなく、昭和50年以降の製品に比べ火災になる危険性が高くなっています。

 低圧進相コンデンサとは、工作機械・業務用冷蔵庫などのモータ等に使用する電気機器の力率を改善する省エネルギー機器として店舗や作業所で使用されているものです。
 一般社団法人 日本電機工業会では、低圧進相コンデンサの更新推奨時期を10年と定めています。昭和50年以降の製品についても更新推奨時期を過ぎているものは取替え等をお取引のある電気工事店とご相談ください。

 今は住居として暮らしているが、以前、家内工業をしていたときの動力用200V電力をそのままにしているという家にお住まいの方は、低圧進相コンデンサが通電状態で残っていることがあります。ご注意ください。

大阪市内で発生した過去5年間の低圧進相コンデンサによる火災等件数
  合 計     火 災 火災に至らない事故
平成28年 7件5件2件
平成29年10件7件3件
平成30年11件7件4件
令和元年3件2件1件
令和2年10件6件

4件

火災に至るまで

上が開閉器、下が低圧進相コンデンサ
コンデンサから可燃性ガスを激しく噴き出す

コンデンサから可燃性ガスが噴き出す

炎を吹き出して燃える低圧進相コンデンサ

炎を噴き、激しく燃え出す

お問い合わせ

 低圧進相コンデンサ製造の各メーカーでは、注意喚起のお知らせ等をおこなっています。製品の点検、取替え等の詳細については、以下の問い合わせ窓口でご確認ください。

 お問い合わせ窓口 一般社団法人 日本電機工業会 重電部 産業機器企画業務課
 電話 03-3556-5885
 受付時間 午前9時から午後5時(土、日、祝日を除く)
 お知らせホームページへ別ウィンドウで開く

低圧進相コンデンサ更新推奨WG加盟会社

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

大阪市 消防局予防部予防課

住所:〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号(3階)

電話:06-4393-6323

ファックス:06-4393-4580

メール送信フォーム