ページの先頭です

ライターによる火遊びを防ぎましょう!!

2019年7月9日

ページ番号:82846

 最近、報道によるとライターによる火遊びが原因とみられる火災で子どもの死者が相次いでいることから、『子どもの火遊び』に関するアンケートを実施し、幼い子を持つ親の『火遊びの危険性・怖さ』の意識調査を実施しました。

大阪市内過去5年間のライターによる火遊び発生件数

 大阪市内のライターによる子どもの火遊び件数を最近5年間のデータで見ると、平成17年の36件を最高にやや減少傾向ですが、毎年20件以上を数えており、死者1名、負傷者26名を計上しています。

アンケート結果

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)別ウィンドウで開く
PDFファイルの閲覧には Adobe Acrobat Reader DC が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
平成17年から21年までの火遊びと死傷者の件数

総火災件数

火遊び

死者

負傷者

平成17年

1407

36

1

10

平成18年

1334

22

7

平成19年

1392

22

4

平成20年

1303

29

2

平成21年

1266

20

3

平成17年から平成21年の火遊び発生件数グラフ

平成17年から平成21年の火遊び発生件数グラフ

子どもに『火の怖さ』を教えるには・・・

 アンケートでも同じ質問をした結果、『口で言ってきかせる』という回答が最多で、次に『ニュース映像などを見せて』が多く、『鍋やバーベキュー等で熱さを感じさせて』という意見も聞かれました。

 実際、教える方法は何でもいいと思われますが、上記の一つ一つを行うよりも、3つを併用する方が効果的だと考えられます。また、火遊びによる火事の恐ろしさを具体的に話してあげるのも良いでしょう。(例:家がなくなる・命を落とす等)

 各家庭で話し合い、『火の怖さ』や『火気の取扱い』、万が一火災に遭遇した場合の『消火の仕方』や『避難の仕方』など、お子さんの年齢に合わせて指導していただきますよう、お願いします。

※    実際に炎を見せる際は、消火の準備や周りに燃えるものがないか等を確認し、火傷には十分注意して下さい。

ライターによる火遊びを防ぐには!!(チラシ)


探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

消防局 予防部 予防担当(調査鑑識)
電話: 06-4393-6323 ファックス: 06-4393-4580
住所: 〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号(3階)

このページへの別ルート

表示