ページの先頭です

扇風機を使われる前に

2020年1月25日

ページ番号:222968

注意してください!

   夏場の節電対策など、ご家庭や事業所で扇風機を使われることが多くなります。

   長年愛用している扇風機を使う前に、ご注意!

   外見は綺麗でも部品が劣化していることがあり、最悪の場合出火する恐れあります。

   扇風機の場合、モーターとその付近に多くみられますが、外からではどの程度劣化しているのかはわかりません。

   次の症状が現れたときは、すぐに使用をやめましょう。

  •  スイッチを入れてもファンが回らない。
  •  ファンが回っても異常に回転が遅かったり、不規則。
  •  ファンが回転するときに異常な音がする。
  •  モーター部分が異常に熱かったり、こげくさいにおいがする。

    古い扇風機は部品が劣化している可能性があるので、特にご注意ください。

使用をやめるべき扇風機の症状

劣化した扇風機の出火例

劣化した扇風機の出火例

1 モーター付近が発熱する
2 内部から煙が出る
3 内部から炎が上がる
4 樹脂が溶け、燃え広がる

<参考>平成21年4月から長期使用製品安全点検・表示制度がスタートしています

製品を安全に使い続けるために、点検や表示を行う制度です。

  ○ 長期使用製品安全点検制度

    個人での点検が難しく、経年劣化による重大事故のおそれが多い以下の製品について、メーカーの点検を受けられます。

    購入した際は所有者登録して、点検を受けるようにしましょう。

     <対象製品>

      屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用、LPガス用)、屋内式ガスバーナー付ふろがま(都市ガス用、LPガス用)、石油給湯機、

      石油ふろがま、密閉燃焼(FF)式石油温風暖房機、ビルトイン式電気食器洗機、浴室用電気乾燥機   計 9品目

    ※  平成21年4月以前に製造された製品でも点検可能なことがありますので、メーカーにお問い合わせください。

 

  ○ 長期使用製品安全表示制度

    <対象製品> 

     扇風機、エアコン、換気扇、洗濯機(洗濯乾燥機を除く)、ブラウン管テレビ  計 5品目

     平成21年4月以降に製造又は輸入された対象商品に、長期使用時の注意喚起について表示されています。

      標準使用期間が過ぎたら異常な音や振動、においなど製品の変化に注意しましょう。

 

記載例

点検表示制度の表示例

SNSリンクは別ウィンドウで開きます

  • Facebookでシェア
  • twitterでツイートする

探している情報が見つからない

このページの作成者・問合せ先

消防局 予防部 予防課(調査鑑識)
電話: 06-4393-6555  ファックス: 06-4393-4580
住所: 〒550-8566 大阪市西区九条南1丁目12番54号(3階)
※月曜日から金曜日の9時00分から17時30分まで
(土曜日、日曜日、祝日及び12月29日から翌年1月3日までは除く)
メール送信フォーム

このページへの別ルート

表示